タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Stasiun Pasar Senen Tak Cek Lagi
Surat Bebas Covid Pendatang

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 19/05/2021 07:05 WIB


中央ジャカルタのパサールセネン駅は、火曜日(18/5)に駅に到着した、地域外からの列車の乗客のコロナウイルス陰性レターを再確認しませんでした。

パサールセネン駅は「コロナ陰性文書」を再度チェックしません!

火曜日(18/5)の午後のCNNIndonesia.comの監視に基づいて、乗客のコロナ陰性文書をチェックする特別な警備員は見られませんでした。

乗客は、再度チェックすることなく、到着ゲートと駅を自由に離れることができます。

パサールセネン駅に到着したエリア外からの何人かの乗客も、彼らが列車を降りたときにこれ以上の書類チェックがなかったことを認めました。

PT KAI Daop 1 Jakarta エバ・チャイルニサ氏の広報責任者は、パサールスネン駅がジャカルタに到着する乗客に対してコロナ陰性の文書チェックを再適用しなかったことを認めました。

その理由は、出発駅で電車に乗るに、すべての乗客を対象としたCovid-19スクリーニングが実施されたためです。

エヴァ氏は火曜日(18/5)にCNNIndonesia.comに語った。

エヴァ氏は、PT KAIでは、すべての列車モードの乗客が最初の駅に出発する前にコロナテストを受ける必要があると説明しました。

その結果、目的の駅で再確認する必要はありません。

Covid-19ハンドリング・タスクフォースサーキュラー(SE)は、2021年5月18日から24日までの旅行引き締め期間中に、長距離列車で旅行する乗客は、出発の1×24時間前に、PCRテストまたは抗原迅速テストの陰性結果を示す必要があることを規定しています。

「Genose、Antigen、PCRなどのCovid 19文書を調べた結果がない場合、乗車することはできません。

したがって、最終駅に到着したら、旅を続ける事ができます。 ” 彼は言った。

ただし、DKIジャカルタ地方政府または警察が、ジャカルタに到着したばかりの旅行者に対してランダムなコロナテストを実行することを希望している場合、Eva氏は許可します。

彼によると、Covid-19を最小化するための予防措置は完全にサポートされなければなりません。

「たとえば、地方自治体や州政府はランダムチェックを望んでいます。私たちはそれをサポートします」と彼は言いました。

メトロジャヤ地域警察の長であるファディル・イムラン監察官は、Covid-19の陰性証明書を携帯せずにジャカルタに戻った旅行者は、独立した隔離を受けるよう命じられると述べたことが知られています。

一方、DKIジャカルタの副知事アフマッド・リザ・パトリア氏は、帰省や街を出た場合、ジャカルタに入るのにコロナウイルスの陰性証明書があれば十分だと述べた。

火曜日(18/5)の時点で、レバラン逆流中の15,024人のランダムテストでは、Covid-19に対して84人の陽性者が見つかりました。

残り、または14,940人もの人々が陰性であると宣言され、ジャカルタへの旅を続けることができました。

「正確には84人です」と、火曜日(18/5)に彼のオフィスでポルダメトロ・ジャヤ・コンベスユスリユヌスの広報部長は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “パサールセネン駅は「コロナ陰性文書」を再度チェックしません!

  1. この報道を見るだけだと、ジャカルタ政府や警察と列車会社の3者の意思疎通が、完全にできているとは、いませんが、やっている事は、一応理にかなっています。でもいつも理にかなっていない事が起きるのも、インドネシアです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。