タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Erick Thohir: Indonesia Dapatkan Komitmen
15 Juta Dosis Vaksin dari Sinopharm

オンラインメディア「beritasatu.com」が伝えています!
Rabu, 19 Mei 2021 | 17:17 WIB


BUMN大臣のエリック・トーヒル氏は、インドネシアが2021年12月までに「シノファーム」から1500万回分のCovid-19ワクチンの接種を約束したことを明らかにしました。

エリック・トーヒル氏:中国製ワクチン「シノファーム」から1500万回分のワクチンのコミットメントを受け取る! COVID-19 | カンシノ | シノバック

「相互協力のためのワクチンの種類については、現在、中国製ワクチン「シノファーム」と「カンシノ」の2種類のワクチンに焦点を当てています。

アルハムドゥリッラー!「シノファーム」社から1500万回分または750万人のワクチンのコミットメントを受けています。 5月から12月まで、「水曜日(2021年5月19日)にジャカルタで行われた記者会見でエリックは言った。

「私たちはまた、他のワクチン会社との協力についても目をつぶっていません。ヨーロッパ、米国、その他の国か、どうかにかかわらず、私たちは探求を続けます」とエリック氏は言いました。

彼によると、これはヘルシーインドネシアプログラムが全体的な予防接種の加速であるためです。

エリック氏は、同様に重要なのは、Covid-19ワクチン接種プログラムがうまく機能することを信じて奨励してくれた人々にどのように感謝するかであると強調しました。

地域社会の支援がなければ、中央政府、地方自治体、そしてすべてのグループによる努力は無意味になります。

「アルハムドゥリッラー!今日の水曜日(19/5)の一般市民からの反応は非常に肯定的です。今はリズムを維持する必要があります。ワクチン接種は目標どおりに実行できます」とBUMN大臣は述べました。

以前、通信情報技術大臣のジョニーG.プレートは、インドネシアは「シノバックス」社から原材料の形で600万回分のワクチンを受け取り、「シノファーム」グループより完成した形またはバイアルで482,400回分のワクチンを受け取ると述べました。

ワクチンの第10フェーズの到来により、インドネシアは「シノバックス」社から原材料の形で合計65,500,000回のワクチンを受け取り、「シノバックス社」社、「シノファーム社」、およびCOVAXファシリティのアウトラ・ゼネカ社から完成した形で8,448,000回のワクチンを受け取ります。

今日のワクチンの到着は、国内でのワクチンの段階的な供給を確保する上での政府の一貫性の一形態です。

さらに、この全国的な予防接種は、集団免疫を達成するための取り組みでもあります。 同時に、政府は引き続き3T(検査、追跡、治療)を実施し、国民は引き続き規律ある健康プロトコルを実施することが期待されています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。