タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Singapura Atasi Covid-19 dengan Disiplin,
Warga RI Justru Bangga Lawan Petugas

オンラインメディア「beritasatu.com」が伝えています!
Kamis, 20 Mei 2021 | 08:47 WIB


シンガポール駐在インドネシア共和国大使、スリョプラトモ氏によると、Covid-19のパンデミックを克服する上でのシンガポールの成功は、市民の規律によって支えられたと述べた。

現在、シンガポールではCovid-19の症例が増加していますが、政府はそれをうまく管理することができます。

シンガポールは規律でCovid-19を克服し、インドネシア市民は係員に反対することを誇りに思う!

「最も興味深いのは、国家の生活の中で責任を負っているのは政府だけではないということです。

とても重要なのは、コミュニティです。善良な人々とは、規則と相互合意に従う人々です」

とスリョプラトモ氏は、「インドネシアでのCovid-19に注意。インド、ロシア、シンガポールを振り返る」と題されたテーマ別の議論で述べました。

スリョプラトモ氏は、彼らが責任を認識していることは別として、シンガポール人は厳しい制裁に閉じ込められていると述べた。 シンガポールには、マスクの着用や距離の維持など、コミュニティで健康プロトコル規則を実行させるボランティアもいます。 違反した市民は、300〜10,000シンガポールドル(Rp3.2〜Rp1億740万)の罰金の対象となります。

「インドネシアでは、私たちが今目にしているように、警官と戦うことができれば、人々は実際に素晴らしい気分になります。

もし従わなければ、凄い!

 家に帰ることは禁じられていますが、でも誇りを持って家に帰ることができます。

その後、ソーシャルメディアに投稿する」とスリョプラトモ氏は述べています。

かつてマスメディアの専門家だったスリョプラトモ氏は、シンガポールの住民は、たとえボランティアであったとしても、警察官は法執行機関であるという法律に従ったため、警察官と戦うことを敢えてしなかったと述べた。

「これは私たちが構築しなければならない価値です。

私の意見では、叱られやすい社会になれば、警官たちが怒りを覚えて、私たちは決して先進国になることはありません」

とスリョプラトモ氏は語った。

彼は、規律ある行動はインドネシアの意識と文化へと、繋がり発展し続けていると付け加えた。

彼によると、インドネシアの人々は実際に規則に従うことができます。

インドネシア共和国の領土を離れるときに証明され、シンガポールのインドネシア市民(WNI)のように、彼らは横断歩道で列を作ったり横断したりしたいと思っています。

「インドネシア人は規則に従えないのですか? インドネシアを離れるとき、どこにいてもインドネシア市民は非常に従順な市民であることが判明した」と述べた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “シンガポールは規律でCovid-19を克服し、インドネシア市民は係員に反対することを誇りに思う!

  1. シンガポールという国は、自由に思いがちだが、管理が上手くいっているだけで、独裁国家である事は間違いありません。それを彼は知っていて、見習う所は、見習い、そうでは無い所は、気を付ける様に言っているように思える記事である!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。