タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kemendagri Pastikan 279 Juta Data WNI Diduga
Bocor Bukan dari Dukcapil

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Jumat, 21 Mei 2021 08:18 WIB


内務省の市民登録総局は、2億7900万人のインドネシア市民の漏洩したとされるデータに関する分析を実施しました。 結果はどうなりますか?

内務省は、2億7900万人のインドネシア市民データが市民登録総局から漏洩していない事を保証!

ズダン・アリフ・ファクルーロ局長は、内務省チームの調査結果によると、加害者はWebサイトで個人データの販売を宣伝しました。 ズダン氏によると、データを宣伝したユーザーの名前はコッツ氏だという。

「ウェブサイトの広告では、関係者がサンプルデータとしてダウンロードできる個々のデータのサンプルリンクを提供しています。

ダウンロードされたデータはCSVファイルの形式であり、インポートされると1,000,000行」と述べた。声明の中で、金曜日(2021年5月21日)。

ズダン氏によると、構造とデータパターンから、流通しているデータはドゥカピルからのものではないことが確認された。

<中略>

「市民登録総局からのデータではないことを確認します。

市民登録総局のデータ構造はそのようなものではないためです。

市民登録総局のデータ構造には、扶養家族、電子メール、npwp、携帯電話番号、tmt、tatがありません」とズダン氏は述べています。

2億7900万人のインドネシア人の個人データが漏洩し、ハッカーフォーラムのレイドフォーラムでオンラインで販売されたとされていることが知られています。

漏洩したデータの個人情報には、NIK(ID番号)、氏名、住所、電話番号、給与額などが含まれています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “内務省は、2億7900万人のインドネシア市民データが市民登録総局から漏洩していない事を保証!

  1. 個人データが大量に流出!売られていた!対応としては遅い!さらにその対応策はどうなのか?そこまで聞いてみたい!国民はそんなに重要視していないためなのか?それほど大きな問題になっていない?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。