タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

54 Kasus dari 3 Varian Corona
yang Diwaspadai Dunia Ada di RI

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 24/05/2021 06:31 WIB


保健省は、これまでにインドネシアが「懸念の変異株(VoC)」または世界が警戒している変異株として分類されるSARS-CoV-2ウイルスの3つの変異の54例を記録したことを明らかにしました。

インドネシアで注目している世界の3つのコロナ変異体の54例

保健省の生物医学および基礎医療技術研究開発センターの責任者であるフィフィ・スティアワティ氏は、調査結果は新しいウイルス株である全ゲノム配列(WGS)の定期的な検索結果から得られたと述べました。

最新のデータは5月21日現在で、保健省は外国人とインドネシア人の両方の1,749検体を調査しました。

「これまでのVoCケースの総数は54ケースで、そのうち18ケースがB117、4ケースがB1351、32ケースがB1617です」とフィフィ氏は日曜日(23/5)にBNPB Pusdalops YouTubeチャンネルを通じて放送されたオンライン調整会議で述べました。

VoCは、感染の性質、テストキットの感度、症状の重症度、および免疫系を回避するウイルスの能力に影響を与える変異を持つ変異体です。

証拠がまだほとんどないというだけなので、さらなる調査が必要です。

これまでのところ、世界保健機関(WHO)は、このカテゴリに分類される4つの変異株、つまり英国のB117、南アフリカのB1351、インドのB1617、ブラジルのP1があると判断しただけです。

さらに、フィフィ氏は、見つかった54の亜種の症例のうち、35は海外からの流入症例または海外旅行歴のある症例であり、他の17の症例は局所感染の症例であり、他の2つの症例は詳細ではないと述べた。

35件の海外からの流入の詳細は外国人が支配的でした。

イギリスのケースB117変異株では、インドネシア移民労働者(PMI)サウジアラビアからの4つのケース、つまり西ジャワのカラワンからの2つのPMIがありました。

東カリマンタンのバリクパパンからの1つPMI、バンテンのタンゲランから1つPMI。

続く…


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。