タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Mitsubishi Indonesia Klaim Belum
Lakukan Penurunan Produksi

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Senin, 24 Mei 2021 19:09 WIB


PT.Mitsubishi Motors Krama Yudha Indonesia(MMKI)は、これまで、半導体チップの供給不足による生産の大幅な減少はなかったと述べた。

三菱インドネシアは生産を減少させていないと主張!

「これまで、生産量の大幅な減少はありませんでした」と、PT MMKIのHR&GAディレクターであるプリアント氏は、2021年5月24日月曜日に、Tempoからの質問に書面で答えました。

プリアント氏によると、MMKIは、過去数か月間に世界のメーカーに打撃を与えた半導体チップの希少性の問題を引き続き監視します。

2021年5月21日、ロイターは、三菱自動車が半導体チップの供給不足により、日本、タイ、インドネシアの5つの工場で減産すると報じた。

減産は3万台の車両に影響を与えると言われている。

インドネシアの三菱工場は現在、三菱エクスパンダー、三菱エクスパンダークロス、三菱パジェロスポーツ、三菱L300などの多くのモデルを生産しています。

この工場では、三菱エクスパンダーの双子である日産リヴィナも組み立てています。この工場は、国内のニーズを満たすだけでなく、多くの国に輸出しています。

三菱とは別に、ロイターはまた日産とスズキが同じことであろうと報告した。

日産は九州工場の生産を3日間(6月24日、25日、28日)停止し、栃木工場とオッパマ工場の生産を調整する。 2つの工場は日本にあります。

日産もメキシコ工場の生産を一時停止する。

一方、スズキは6月に静岡工場で3〜9日間生産を停止すると報じられている。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。