Vaksin AstraZeneca 66% Kurangi Gejala
Kesakitan COVID-19 Varian Inggris

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Senin, 24 Mei 2021 14:02 WIB


COVID-19ウイルスの新しい突然変異の、変異体の発見と同時に行われた全国的な予防接種プログラムの実施は、地域社会に懸念を引き起こしました。 懸念は、ワクチン、特にアストラゼネカ・ワクチンタイプの有効性についてです。

変異体には、英国変異体B.1.1.7、インド変異体B.1.617.2および南アフリカの変異体B1.351が含まれます。

これに応えて、保健省のCOVID-19ワクチン接種のスポークスパーソン博士、M.Epiのシティ・ナディア・タルミジ氏は、アストラゼネカワクチンの使用がはるかに大きな利益をもたらすことを強調しました。 彼女によると、現在の課題はワクチンの入手です。

「症例の増加に伴い、ワクチン製造国は自国の人たちのワクチンの使用を優先したいと考えています」と彼女は月曜日(2021年5月24日)の声明で述べた。

さらに、彼女はまた、現在すべての国が等しくCOVID-19ワクチンを必要としていると付け加えました。

一方、5月22日に英国公衆衛生サービス(PHE)が発表した最近の研究の結果の1つは次のように述べています。

アストラゼネカワクチンの2回接種は、英国COVID-19変異体B.1.1.7の症状を軽減するのに66%効果的です。

アストラゼネカワクチンの1回投与は、3週間の注射後で、英国COVID-19変異体B.1.1.7の症状を軽減するのに50%効果的です。

2021年4月5日から5月16日までの期間にPHEが実施した調査では、アストラゼネカワクチンの2回接種が、インドの変異体COVID-19 B.1.617.2症状を軽減するのに60%有効であることが示唆されています。

最後に、アストラゼネカワクチンの1回投与は、ワクチン注射の3週間後に、インドの変異体COVID-19 B.1.617.2症状を軽減するのに33%有効であることが示唆されています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。