Menaker Ungkap 8.700 Orang TKA China
Masuk RI per 18 Mei 2021

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 25/05/2021 14:02 WIB


労働大臣のイダ・ファウジヤ氏は、インドネシアに入国した中国からの外国人労働者(TKA)の数は2021年5月18日までに8,700人に達したと述べた。竹カーテンの国(中国)への大規模な投資。

「これは中国からの投資に正比例すると思う。インドネシアに入る投資を見ると、その多くは中国からのものであり、インドネシアに配置された外国人労働者に正比例している」と彼女は述べた。月曜日(24/5)、委員会IXとの合同会議。

イダ氏によると、労働省は2021年1月から5月18日までに15,760人の外国人労働者に労働許可証を発行した。

これら3か国以外にも、フィリピン、マレーシア、英国、米国、オーストラリア、タイなどからの外国人労働者がいます。 しかし、彼女は、この許可の付与がCovid-19パンデミックの条件を満たしていることを強調しました。

さらに、外国人労働者に対する許可の発行は、関連する省庁の勧告を通過しました。 このプロセスはオープンかつ透過的に実行され、許可が与えられる前にチェックと再チェックが実行されます。

「それは基本的に、省庁/機関からの要請であり、基本的に人道的理由、医療および食糧支援支援、防衛機器の修理、重要な国家戦略対象、および国家戦略プロジェクト

を除外している」と彼は付け加えた。

また、2021年5月にインドネシアに入国した外国人労働者の数は2019年5月と2020年よりも少ないと主張した。詳細には、2019年5月の外国人労働者の数は95,168人であったが、2020年5月には93,374人に減少した。 2021年5月に92,058人に落ちました。

また、外国人労働者を利用する企業も減少しています。 2019年5月に外国人労働者のサービスを利用した企業は19,500社に達したが、2020年5月には18,700社、今年5月には16,795社に減少したと記録されている。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。