タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Tak Berizin, Tempat Tes Antigen Corona
di Medan Digerebek Polisi

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Rabu, 26 Mei 2021 21:54 WIB


メダン郵便局の前のムルデカ・スクエアでの抗原検査の場所は警察によって襲撃されました。 このテストの場所が許可されていなかったため、襲撃が行われました。

メダンの「コロナ抗原検査所」が無許可による捜査

水曜日(2021年5月26日)の19.20WIBの場所でのDetikcomの監視の元、その場所で多くの私服警官を見た。

警官はその場所でテストに使用されたアイテムを集めているのが見られます。

いくつかのテストキットが黒いビニール袋に入れられました。

このビニール袋は警察官によって運ばれます。

メダン警察の犯罪捜査ユニットの責任者であるAKP ラフルズ・ランガ・プトラ氏は、次のように述べています。

ラフルズ氏によると、許可がないことは別として、この検査の場所も医療廃棄物を適切に管理していない疑いがあります。

ラフルズ氏によると、この場所の医療廃棄物は1週間保管されていたという。

「廃棄物は該当する手順に従って処理されていません。1日である必要があり、1週間の保管が続きました。」と彼は言いました。

ラフルズ氏は、その場所から多くの医療機器を確保したと述べた。

警察はまた、その場所から4人の目撃者を調べた。

「オペレーター、その場所の看護師に情報を求めます。医師がいない間に検査を受けた約4人について」と彼は言った。

ラフルズ氏は、今回の襲撃は昨日火曜日(25/5)に行った襲撃のフォローアップであると述べた。

彼によると、襲撃の場所はメダンのムルデカ・フィールドの近くでもあったという。

「昨日の私たちの活動をフォローアップすると、近くにも他に場所があることがわかりました」と彼は言いました。

ラフルズ氏によると、前回の襲撃の場所は、ムルデカフィールド付近でのドライブスルー抗原検査だったという。 この事件はまだ警察によって調査中です。

「まだ調査中であり、約4人が調査されている」と彼は説明した。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。