タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Buruh Mulai Aksi Boikot Indomaret Hari Ini

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています! 
Kamis, 27/05/2021 07:04 WIB


労働者は木曜日(27/5)にインドマレット製品のボイコットを開始します。 インドネシア金属労働組合連盟(FSPMI)のリデン・ハタム・アジズ会長は、行動はボイコットで社会問題化させると述べた。

労働者は今日インドマレットのボイコットを開始!

「5月27日から、北ジャカルタのインドマルコ本社とジャボデタベックのいくつかの地域で大きな行動を起こす。同時に、ボイコットを開始する事で社会問題化させる」と彼は月曜日(24/5)にCNNIndonesia.comに語った。 。

しかし、彼は会社の製品のボイコットの開始日をまだ設定していないことを認めた。 彼は、この行動の後には、KSPI(インドネシア労働組合連合会)の加盟組織である9つの労働組合とKSPI外の2つの労働組合のメンバーである数百万人の労働者が続くと主張しているだけです。

「KSPIデータだけを参照すると、メンバーは記録された220万人以上に達し、FSPMI自体は160の市と地区に23万人のメンバーがいます。インドマレットでの平均的な労働者の買い物は50万ルピアから50万ルピアです。 -平均50万ルピア、会員数を掛けてください」と語った。

彼は、会社がアンワル・ブッシー氏(THR未払い)事件を法廷に持ち込むことを主張した場合、ボイコットは続くだろうと強調した。 知られているように、アンワル・ブッシー氏はインドマレットの労働者であり、会社に2020年のTHRの支払いを要求しています。

それを要求している間、アンワル氏は誤ってオフィスの石膏を損傷しました。 この事件のために、経営陣はすぐにこの事件を法の領域に持ち込みました。

「アンワル・ブッシー氏が解き放たれない場合、ボイコットします」と彼は言いました。

一方、インドマレット小売店のマネージャーであるPT Indomarco Prismatamaは、消費者を競争相手に向かわせる労働者からのボイコットの脅威について懸念していません。

「私たちはまだ前向きに考えています」と、火曜日(18/5)にアンタラが引用したように、インドマルコのマーケティングディレクターであるプリズマ・タマウィウィック・ユスフ氏は述べました。

労働者からのボイコットの脅威に関して、同社はすべての当事者が明確に考え、行動できると信じています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。