タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Hanya 52% Lab Laporkan Hasil Tes PCR, DPR
: Datanya Salah atau Kurang Koordinasi?

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Jumat, 28 Mei 2021 | 07:54 WIB


DPR委員会IXのメンバーであるデウィ・アスマラ氏は、1日あたりわずか28,000〜29,000であるPCRテストであると強調しました。

ラボの52%のみがPCRテスト結果(DPR):データが正しくないか、調整が不足していますか?

 PCRラボの数は2020年11月から2021年5月に54%増加しましたが、残念ながら、ラボの数の増加は、過去2か月で報告を報告したのは52%のみであるため、毎日のテストと一致していません。

「おかしなことに、PCRラボの数は増えていますが、毎日報告する人はまだ上下しており、約52%にすぎません。

 これは、BNPBレポート(国家防災庁)からのデータのソースです。

間違っているか調整が不足しているデータがあります」と、

イドルフィトリ後のCovid-19症例の急増を見越して、国民保健システムの準備に関して保健省および他のパートナーとのヒアリング会議(RDP)でデウィ氏。DPRビル、木曜日(27/5/2021)

PCR検査報告の52%しかないため、インドネシアのCovid-19症例は傾斜しているか、わずかに増加しているようです。 そのため、デウィ氏は続けますが、

現在のテスト条件はまだ疑似現実であるため、特に完全な準備を行うには懸念の変異株(Voc)の変異があるため、この状況を改善する必要があります。

このため、デウィ氏は、保健省に、施設の物理的な開発と履行に焦点を当てるだけでなく、人的資源(HR)を含むテストと追跡の取り組みにも注意を払うように注意を促しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。