タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Komnas KIPI Imbau Masyarakat Segera
Lapor Keluhan Pasca-Vaksinasi Covid-19

オンラインメディア「beritasatu.com」が伝えています!
Sabtu, 29 Mei 2021 | 15:54 WIB


予防接種後のフォローアップイベントの国家委員会の議長であるヒンドラ・イラワン・サタリ教授は、Covid-19のワクチン接種後に感じた事件や苦情を報告するように一般市民に訴えました。

予防接種後国家委員会は、Covid-19ワクチン接種後すぐに苦情を報告するように!

「症状を2日以上報告した場合、症状は調査、分析、調査されます。苦情が何であれ、報告してください。報告を期待しています」と、beritasatu.comが受け取ったプレスリリースでヒンドラ教授は述べています。土曜日(2021年5月29日)

予防接種後のフォローアップイベントに関連する報告がある場合、Komnas KIPI(予防接種後国家委員会)は2つのことを行うと彼は付け加えました。

まず、ワクチンを接種してから症状が出るまでにかかった時間を確認します。

第二に、症状を引き起こし、ワクチンによるものではない他の病気があるかどうかを確認します。

予防接種後国家委員会の研究に基づいて、ヒンドラ氏はワクチンが地域社会にとって安全であることを保証します。

予防接種後国家委員会は、ワクチンが地域社会にとって安全であるかどうかを監視、レビュー、推奨し続けていると彼は述べた。

「変更がある場合は、新しい推奨事項を作成します」と彼は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。