タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Yogya Dapat Rapor Merah, Lonjakan Covid-19 
Dua Kabupaten Jadi Perhatian Khusus

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Minggu, 30 Mei 2021 08:55 WIB


ジョグジャカルタ特別地域(DIY)Covid-19処理タスクフォースは、2つの地区、すなわちスレマンとバントゥルが、このEid後の新しいCovid-19症例の大幅な増加を記録し続けていることを指摘しました。

スレマン県では、過去3日間だけで、5月27日から29日まで、毎日のCovid-19症例は197症例に達しました。 一方、バントゥル県では、同じ3日間で206件の新規症例が発生しました。

ジョグジャは赤い通知表を受け取る!2つの地区で急上昇のCovid-19は特別な懸念事項

今週のこれらの2つの地区は、他の3つの県/都市と比較して、DIYのほとんどの日常のケースのトップの位置を占め続けています。

土曜日の時点でのジョグジャカルタでのCovid-19の総死亡数は、1,164例で、2,113例がポジィティブでした。

「今日のバントゥルでの追加される毎日のCovid-19症例は114症例であり、Slemanでは50の新規症例であり、DIY全体で今日の新規症例の総数は211症例です」とDIYCovid-19タスクフォースのスポークスマンのベルティ・ムルティニンシ氏は5月土曜日に述べました。 May,29.2021

イード後のバントゥル県での症例の急増は、先週感染した住民を追跡した結果としてバンバン・グリプロ地区で症例が出現したことによって特徴づけられます。

一方、スレマン県では、ケースの増加は2つの大きなクラスター、つまりンガリク・ハムラ、チャトラルジョで、合計55人が感染し、

52人の住民に感染したンゲンプラク地区の2つの集落で<※>ハラールバイハラール<※>クラスターが発生しました。

<※>断食明けの挨拶で互いに前年の失礼や非礼を詫び許し合うという趣旨の行事

DIYのバスカラアジ事務局長は、スレマンとバントゥル県が、Covid-19の感染を抑制する取り組みで注目を集めている2つの地区であると述べました。

さらに、DIYは現在、インドネシアでCovid-19を処理する際に赤い通知表を受け取っています。保健省によって報告されたデータによると、23の州のDIYはCovid-19を処理するためのD値を受け取りました。

アジ氏によると、ジョグジャカルタ州知事のスリスルタンHB Xは、スレマンとバントゥルの摂政に2回手紙を送り、彼らの地域での事件の削減に直ちに焦点を合わせたという。

「スレマンとバントゥルは最近、地元のタスクフォースから特別な注意を払う必要のあるケースが増えている」とアジ氏は述べた。

アジ氏はまた、2つの地区が新たに広範囲に及ぶ可能性のある感染を発見した場合、移動を直ちに制限したり、集落またはRT / RWエリアを封鎖したりすることを躊躇する必要はないと述べた。

このロックダウンポリシーは、感染の連鎖を断ち切るために、Covid-19感染のレッドゾーンにあるハムレットまたはRT / RWに市民の出入りを封鎖することを要求する知事の規則にも準拠しています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。