タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Pemda Wajib Anggarkan
Sisa Dana Kapitasi BPJS ke APBD

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 31/05/2021 07:30 WIB


ジョコ・ウィドド大統領は、地方政府に、地方歳出入予算(APBD)で国民健康保険(JKN)の残りの人件費を予算化するよう要求しています。

地方自治体は、BPJS保険基金の残りを「地方歳入」で再予算化する義務あり!

キャピテーション基金は、提供される医療サービスの種類や量に関係なく、登録された参加者の数に基づいて、第1レベル医療施設(FKTP)に事前に支払われる1か月あたりの支払い額です。

この規則は、地方自治体が所有する第1レベルの医療施設でのJKNキャピテーション基金の管理と利用に関する2021年の大統領令番号46に含まれています。 この規則は、以前の規則、すなわち2004年の大統領令第32号を変更します。

現在の会計年度にキャピテーション資金が十分に使用されていない場合、これらの資金はBPJS Kesehatanによって次の会計年度の支払いで計算されます。

「地方政府は、法規制に従い、翌年度の地方歳出入予算に、当年度に十分に活用されていないキャピテーション基金の歳入を、再予算化する義務を負っている」と規制の第7条第4段落は述べている。月曜日(31/5)

以前は、地方予算の歳入の残りのキャピテーション基金は、2004年の大統領規則第32号で規制されていませんでした。ただし、地方歳入が決定される場合、残りのキャピテーション基金は、地域の長の変更を通じて再予算化されます。 地方予算の歳入作成に関する規制。

資金は、FKTPのJKN参加者の医療サービスに使用されます。 支払いは、FKTP の JKN 人頭基金口座を通じて BPJS Kesehatan によって行われ、収入として認識されます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。