タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Jokowi Resmikan Satgas Percepatan
Sosialisasi UU Ciptaker

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 31/05/2021 16:49 WIB


インドネシア共和国大統領ジョコ・ウィドドは、雇用創出法に関する2020年法律第11号の社会化を加速するために、タスクフォースに関する大統領令を発行しました。

雇用創出法の社会化を加速するためのタスクフォースを発足させる!大統領

これは先週の金曜日(28/5)のタスクフォースの結成に続くものです。

この規則は、雇用創出に関する2020年法律第11号の社会化促進タスクフォースに関する2021年大統領令第10号に記載されています。

内閣官房の公式声明を月曜日(31/5)に発表し、

経済成長を促進し、

雇用機会を拡大するために

雇用創出法の実施の有効性を促進するために、

国内外のコミュニティに大規模で的を絞った社会化を実行する必要があります。

これらの省庁/当局/地方自治体によって実行される社会への浸透も同じ目標を達成する必要があります。

「省庁/当局/地方自治体が実施する雇用創出に関する2020年法律第11号を、戦略的に、社会化活動を相乗化させるために、社会化促進タスクフォースが形成され、以下、雇用創出法タスクフォースと呼ばれる」と規則の第1条が述べられている。

組織構造から、ジョコウィ氏はマヘンドラ・シレガー外務副大臣を議長に任命した。

さらに、3人の副議長、スアハシル・ナザラ氏、M.チャチブバスリ氏、およびラデンパルデデ氏。

ジョコウィ氏はまた、雇用創出法の社会化を加速するための秘書としてアリフ・ブディマンタ氏を任命しました。

このタスクフォースは、その職務を遂行するにあたり、国務省事務局の作業単位で、事務局長が率いるこの事務局によって支援されています。

さらに、彼らの任務を遂行する際に、タスクフォースはワーキンググループを形成することができます。

「雇用創出法タスクフォースの事務局費、および作業部会の任務を遂行するために必要なすべての費用は、州事務局の予算を通じて州の歳入および支出予算によって負担されます」と述べています。第11条の規定。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。