タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Nadiem Sebut 30 Persen Sekolah
Sudah Belajar Tatap Muka

オンラインメディア「CNNインドネシア」は伝えています!
Senin, 31/05/2021 17:27 WIB


教育文化研究技術大臣のナディム・マカリム氏は、学校の30%がコロナウイルス(Covid-19)のパンデミックの真っ只中に対面学習を行ったと述べました。

教育文化研究技術大臣のナディム氏は、学校の30%が対面で学ぶ!

彼は、データは、現場の状況を表していると考えられ、インドネシアの学校の40パーセントの調査から得られたと述べた。

「今日、[対面で会った学校]の数は30%に増加しました。現在、インドネシアの学校の30%は、限定的な対面学習を実施しています」と彼は合同委員会X「DPR」ワーキングミーティングで述べました。月曜日(31/5)。

ナディム氏は、対面学習を実施している学校の少なくとも20%が2021年2月の時点で開校したと述べました。このステップに従うように促された後、対面学習を行った学校の数は増加しました。

一方、対面で勉強していない他の学校の残りの10%の大多数は、地方自治体と地元のCovid-19処理タスクフォースによって許可されていないことを認めました。

次に、ナディム氏は、委員会X 「DPR」のメンバーと指導者に、学校がすぐに開校することを奨励するよう地方自治体に伝えるよう要請しました。

「これは訓練や準備などに時間がかかるので、今から始めなければならない」と語った。

ナディム氏は、人々は学校で対面学習を実施することによるリスクについて心配する必要はないと述べました。

彼は、マイクロスケールのコミュニティ活動の制限(PPKM)の実施が、学校周辺でのCovid-19感染の連鎖を断ち切るのに効果的であると述べました。

「対面学習を開始することを非常に心配している人にとって、知っておくべき重要なことの1つは、PPKMまたはマイクロ制限プロセスが至る所で実行されており、効果的であることが証明されていることです」と彼は言いました。

ナディム氏は、コロナウイルスの陽性例が見つかった場合、学校は対面学習活動を停止しなければならないと強調しました。 各地方政府も同じことを実施します。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。