タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Pandemi, Pengamat Singgung Pertahanan
dan Keamanan Nasional

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 01/06/2021 15:01 WIB


国防省は、インドネシア国軍 の主要兵器システムを IDR 1.7 兆の予算で購入することを計画しています。<前年比約12%増>

軍事および諜報機関のオブザーバーのスサニンタス・クルトパティ氏は、名目上は合理的であると考えました。

パンデミックの中、オブザーバーが国防と安全保障に触れる! COVID-19

スサニンタス氏は、どの国の防衛システムにも常に多額の予算が必要になると述べました。

「私たちは大きくて広大な国であり、もちろん手ごわい軍事力を持つに値します。実際、現時点では、Covid-19に直面する際の国の優先事項に合わせても、防衛と安全保障の分野も調整する必要があります。と述べた。

防衛装備システムの改善は、軍事組織としての国軍に直接的な影響を与えることが明らかになった。

向上点は2つのプログラムに分けられます。すなわち、所有する防衛機器の最小限精鋭戦力(MEF)の前と後。

最小限精鋭戦力の前に、防衛装備はそのライフサイクルを維持するために改善する必要があります。一般に、この改善は、すべての最小条件で最大レベルに到達するために必要です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

******************

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。