タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Haji 2021: Menag Tak Paham Indonesia
Belum Dapat Izin Masuk ke Arab Saudi

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Rabu, 2 Juni 2021 08:29 WIB


宗教大臣の ヤク・チョリル・クオマス氏は、サウジアラビア政府が 2021 年のハッジに先立ってインドネシアへの入国許可を与えなかった理由を理解していないと述べた。

ハッジ 2021: 宗教大臣はインドネシアがサウジアラビアに入る許可を得ていないことを理解していない! COVID-19 | ワクチン | 中国

サウジアラビアの航空当局は、アラブ首長国連邦、米国、イタリア、英国、アイルランド、日本、ドイツ、フランス、ポルトガル、スウェーデン、スイスの11カ国にのみ入国許可を与えていることが知られています。

「Covid-19の取り扱いは重要な問題だと思います。インドネシアでのCovid-19の取り扱いは比較的良好です。なぜインドネシア国民がまだサウジアラビアに入国できないのかわかりません」 2021 年 6 月 1 日火曜日。

ヤク氏によると、インドネシアのCovid-19の症例数は、入国が許可されている国の数よりもまだ少ない.

米国は、世界で最も症例数が多い国になりました。

「順番に、米国は世界で最もCovid-19の症例数が多い。フランスは8位、イタリアは9位、ドイツは17位、インドネシアは19位である。」と述べた。

サウジアラビアは2021年のハッジ巡礼者の割り当てをまだ確認していないが、宗教省のハッジ緩和チームのシミュレーションによると、ハッジの準備の締め切りが過ぎている。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。