タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Luhut Dikabarkan Terbang ke China,
Ada Apa?

オンラインメディア「CNBCIndonesia」が伝えています!
04 June 2021 20:30


ルフット・ビンサル・パンジャイタン海事投資担当調整大臣は、2021年6月5日から9日にかけて中国を訪問する予定です。この訪問は、中国の国家顧問兼外交部長の王毅氏の招待に応じるためです。

海事投資担当調整大臣「ルフット」氏が中国に飛ぶと伝えられる!

外務省の「Wang Wenbin」報道官は金曜(2021/06/04)にCGTN(中国グローバルテレビジョンネットワーク)を引用し、2回の会談は中国南西部の貴陽市で開催されると述べた

また、両大臣の議題は、中国とインドネシアの間の協力のメカニズムとハイレベル対話に関する最初の会合の共同議長を務めることであると言及された。

「主要な発展途上国と新興経済国として、中国とインドネシアには、大きな協力の余地があり、共通の話題を持ち、幅広い共通の利益を享受できる多くの共通点がある」と王氏は述べた。

王氏はさらに、中国はインドネシアと協力して、このハイレベルの対話と協力のメカニズムを利用して、二国間関係を前進させ、新型コロナウイルス後の時代により有用なものにする用意があると述べた。

以前、王毅氏は昨年 1 月に 2 日間インドネシアを訪問しました。 初日、ルフットとともに北スマトラのトバ湖を訪れた。

二日目、王氏はジョコ・ウィドド大統領とルトノ・マルスディ外相と会談した。 その際、王氏は、中国がインドネシアの健康回復力の開発を支援すると述べた。

「国家の健康回復力を構築するためのインドネシアの計画には、医薬品、医薬品原料、医療機器の生産が含まれている」と、ルフット氏は述べた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。