タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Jokowi Dikabarkan Ajak Xi Jinping
Uji Coba Kereta Cepat 2022

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 08/06/2021 06:24 WIB


ジョコ・ウィドド大統領は、2022年に中国の習近平国家主席を招いてジャカルタ・バンドン高速鉄道(KCJB)の試験を行うと噂されている。

報道によると、ジョコウィ大統領が習近平氏を招待し、2022年の高速鉄道をテスト!

PT Kereta Cepat Indo-China (KCIC)のゼネラルマネージャー、ミルザ・ソラヤ氏は、この計画は、たまたまホストをインドネシアとしたG20ハイレベル会議(KTT)と併せて実施されたと述べた.

しかし、彼は、この式典での習近平の存在について確信が持てなかったことを認めた。

「国家元首レベルでのこの会合については、外務省または国務大臣に尋ねることができる」と、月曜日(6月7日)にCNNIndonesia.comからの連絡で彼は言った。

ミルザ氏は、ジャカルタ – バンドン高速列車は、友好国へのインドネシアの輸送の進歩の象徴になる可能性があると述べた.

その理由は、G20サミットには、中国、米国、欧州連合、英国、ドイツ、フランス、サウジアラビア、日本、ロシアなどの先進国が参加するためです。

「インドネシアがホストを務めることは名誉なことであると同時に、インドネシアにはすでに高速列車が運行されていることを示すことができます。この高速列車の運行は、先進的なインドネシアの象徴でもあります」と彼は語った。

ミルザ氏は、この目標が 2022 年 11 月の試験まで達成されると楽観的です。 現在、2021 年 5 月の時点で、高速列車の建設の進捗は 74% に達しています。

しかし、彼は、プロジェクトを完了するための目標が G20 サミットの議題になるわけではないと強調した。

「G20サミットのホストとしてのインドネシアでの予定は、実際には2023年ですが、2022年に前倒しされています。

一方、KCJBプロジェクトの完了は、2022年末までに商業的に運営できるようになることをすでに目指しています。

20 回目のサミットが開催されるときに完了するように意図的に追求しているわけではありません」と彼は説明しました。

以前は、ジョコ・ウィドド大統領は、2021 年 5 月中旬に、「高速列車を来年の運転準備に入ること」を目標にしています。

以前は、2021 年 5 月中旬に、ジョコ・ウィドド大統領は、高速列車が来年の運行準備に入ることを目標にしていました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。