タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Covid 32 Daerah di Jateng Berpotensi
Meledak Seperti Kudus

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 09/06/2021 05:05 WIB


Covid-19 処理タスクフォース (Satgas) は、クドゥス県が経験したように、中部ジャワにはコロナウイルスの陽性症例が急増する可能性がある32の県/市があると指摘しました。

中部ジャワの32地域は、コロナ禍「クドゥス」のように爆発する可能性があり! COVID-19 | 新型コロナ

Covid-19処理タスクフォースのスポークスマンであるウィク・アディサスミト氏は、32の県/市は現在、オレンジゾーンのカテゴリーにある地域であり、5月のデータに基づいて中部ジャワでCovid-19の感染が中程度のレベルである地域とも述べています(2021年5月30日)

「32の地域があり、32のうちのいくつかが高くなっている場合、ベッドが数個しかない場合、それはクドゥスのように爆発します」とウィクは、Covid-19処理タスクフォースの調整会議で語った. BNPB Pusdalops YouTube チャンネル、月曜日 6月7日

コロナウイルスの陽性症例が急増する可能性のある地域には、テマングン、ペマラン、マゲラン市、プルウォレジョ、サラティガ市、スラカルタ市、チラチャプ、ジェパラ、ケブメン、スラゲンなどがあります。

さらに、レンバン、セマラン、ウォノギリ、ウォノソボ、ケンダル、カランアニャル、バンジャルネガラ、テガル市、プルバリンガ、ブロラ、ブレベス、バタン、ペカロンガン市、クラテン、テガル、バニュマス、スコハルジョ、グロボガン、デマック、パティ、ペカロンガン、セマランガン.

その後、ウィク氏は中央ジャワの 32 の県/市の地方自治体に、全国的な Covid-19 タスクフォースからのデータ分析の進展を常にフォローするよう求めました。

彼はまた、関連する地方自治体に、クドゥス氏で起こったようなCovid-19事件の急増を見越して、上流と下流の戦略をすぐに準備するように求めました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。