タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Teka-teki Pengajuan Paten Vaksin Corona
Sebelum WHO Tetapkan Pandemi

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Rabu, 09 Jun 2021 06:39 WIB


米国と密接な関係を持つ中国の軍事科学者は、2020 年 2 月にコロナ ワクチンの特許を申請したとして告発されました。

WHOがパンデミックを定義する前にコロナワクチンの特許を申請することの謎! COVID-19 | WHO | 新型コロナ

 世界保健機関 (WHO) は、1 か月後にようやくパンデミックのステータスを宣言しました。

武漢で最初の症例が確認されてから 5 週間後、特許申請に取り組んだのは、人民解放軍 (PLA) で働いていた科学者である Yusen Zhou でした。

その後、Yusen氏は2020年5月に不可解な状態で死亡したと報告されました。 中国の 1 紙だけが報じた。

オーストラリア人によると、この活動のために国立衛生研究所から支援を受けたYusen氏は、コウモリの研究者として有名な科学者である石正麗を含め、武漢ウイルス学研究所 (WIV) に非常に近い。

このレポートは、COVID、SARS-CoV-2を引き起こすコロナウイルスが自然に発生したのではなく、研究所から漏れたというラボリーク理論に関する憶測を強化しています。

以前は、米国の諜報機関が 2019 年 11 月に武漢の 3 人の研究所スタッフが入院したことを明らかにした後、憶測が再浮上しました。彼らは COVID-19 に似た症状を経験しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。