タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Antrean Ambulans di RS Wisma Atlet,
200 Pasien Baru Per Hari

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 09/06/2021 12:52 WIB


ウィスマ アレット ケマヨラン救急病院 (RSD) のベッド占有率 (BOR) は、イードの 3 週間後に増加し始めました。6月9日のデータによると、病院の BOR は 53.74% に達しました。

ウィスマ アトレの COVID-19 病院の広報コーディネーター、M. アリフィン中佐はまた、過去 1 週間に Covid-19 患者を搬送する救急車の列があり、その大部分が軽度の症状であることを確認しました。

Wisma Atlet Hospital の救急車の列、1日あたり200人の新しい患者! COVID-19 | 新型コロナ

CNNIndonesia.comが水曜日(9/6)に連絡したとき、アリフィン氏は「はい、本当に忙しいので救急車の列がありますが、私は数えていません」と語った.

アリフィン氏によると、ウィスマ アトレの入居状況は3月から5月まで停滞しており、約 1,000 人の患者が治療を受けています。しかし、イードの 2~3 週間後には、27.5% に達した症例が増加しました。

現在までに、タワー 4、5、6、7 ウィスマ アトレは 3,221 人の患者で満たされており、そのうち男性患者は 1,549 人、女性患者は 1,672 人です。一方、Wisma Atlet のベッド数は 5,449 である。

「今週は1日200人に増えた。5月17日には最低率でした。患者数が900人しかいなかったため、BORはわずか15%でした」

2021 年 1 月のようにウィスマ アトレ病院で治療を受けている患者の数が増えた場合、タワー8 とタワー9 は COVID-19 患者の治療のために再開されます。

過去 1 週間に発生した状況について、アリフィン氏は Wisma Athletes での治療に対する維持管理を強化する必要があることを再認識しました。

彼はまた、マスクの着用、手洗い、社会的距離の維持など、3Mの健康プロトコルを常に遵守するよう国民に求めた.

「治療を受けている患者の治癒を早めることができるので、患者の数を大幅に減らすことができます」と彼は結論付けました.

全国の病院BORについて、Covid-19および国家経済回復委員会(KPC-PEN)のエアランガ・ハルタルト委員長は、インドネシアの病床の平均占有率がこの1週間で40%に達したと述べた。

BOR が 50% を超えている州が 5 つあります。 西カリマンタン、中部ジャワ、リアウ諸島、ジャンビ、リアウです。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。