タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Tamparan Rencana PPN Sembako:
‘Kolonialisme’ untuk Si Miskin!

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Jumat, 11 Jun 2021 06:00 WIB


付加価値税 (VAT) の拡大に関する言説が脚光を浴びている。 特に、基本的な商品への付加価値税の賦​​課。

多くの人は、この言説は貧しい人々にとっては有害であるが、裕福な人々にとっては光であると考えています。

この計画は、一般規定および税務手続き (KUP) に関する 1983 年法律番号 6 の第 5 改正の草案に含まれています。

基本的な食品 VAT(付加価値税) プランの平手打ち:貧しい人々の「植民地主義」!

第4A条では、国民が必要とする多くの基本的必需品が、付加価値税の対象外の商品として KUP 法案で削除されています。 つまり、食料品は VAT の対象となります。

付加価値税の対象とならない基本的必需品の基準および/または詳細に関する財務省規則 (PMK) 番号 99/PMK.010/2020 では、問題の基本的必需品の種類、つまり米および穀物、とうもろこし、ヤシ、大豆、食塩、肉、卵、牛乳、果物、野菜、さつまいも。

エコノミストもこの議論を拒否し、経済法研究センターのビマ・ユディスティラ所長は、VAT対象を食品に拡大することは非常に危険だと述べた。これにより、基本的な商品の価格が上昇し、インフレが促進され、人々の購買力が低下する可能性があるためです。

ビマ氏はまた、この言説は経済回復への努力と一致していないと考えた。さらに、この議論には、電力補助金から他の補助金を削除して社会的援助を減らす計画が伴います。

影響は経済成長の回復を遅らせるだけでなく、ビマ氏によれば、この言説は貧困率の増加を促進する可能性があります

「貧困ラインに寄与する人の合計73%は食料品から来ています。これは、食料価格が少し上昇すれば、貧しい人々の数が増えることを意味します」と、木曜日(10/Jun/ 2021)。

インドネシア経済改革センターの研究者であるユスフ・レンディ・マニレット氏も、VATの引き上げが公共消費を促進する政府の取り組みを妨げる可能性があると考えています。

これは、VAT の増加が 10% から 12% にわずか 2% であっても、下位中産階級にとっては影響が大きいためです。

「この付加価値税の賦​​課は、実際に彼らの購買力や消費能力に大きな影響を与える可能性があります。さらに、たとえば、来年、たとえば政府がパンデミック前のような経済状況を回復できるという保証は実際にはありません」とレンディ氏は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。