タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Rangkuman Covid: Kedatangan Vaksin,
Efek Samping Invermectin

オンランメディア「CNNインドネシア」
Jumat, 11/06/2021 17:54 WIB


ここ数日、コロナウイルス (Covid-19) の陽性症例が増え始めています。 2日連続で、Covid-19陽性の症例数は8,000以上に増加しました。

Covid-19 の急増により、DKI Jakarta を含む多くの地域でマイクロクラスターが発生しました。 一方、クドゥス県とバンカラン県では、大幅激増しました。

今週のCovidの概要: ワクチンの到着、イベルメクチンの副作用! アストラゼナカ | イベルメクチン | シノファーム

中央政府と地方政府は、小規模なコミュニティ活動を制限することから始めて、多くの地域でのワクチン接種に至るまで、コロナウイルスの蔓延を抑制しようとしている.

CNNIndonesia.com は、以下のように、過去 24 時間におけるインドネシアでの Covid-19 の取り扱いの進展に関するイベントと情報を要約しています。

<Covid-19ワクチンの到着>

インドネシアは、木曜日 (5月10日) の夜に、英国の会社であるアストラゼネカによって製造された 1,504,800 回分のワクチンを受け取りました。 今日の午後、インドネシアはまた、100 万回分のシノファーム ワクチンを受け取りました。

現在、インドネシアは無料で入手できるアストラゼネカワクチンを 8,228,400 回接種しています。 一方、全体として、インドネシアは 94,728,400 回分のワクチンを受け取りました。バルク (生) ワクチンと完成したワクチンの両方です。

<バンドンの予防接種群集>

金曜日 (6月11日) にバンドン市のスディルマン グランド ボールルーム ビルディングで行われた大規模な Covid-19 ワクチン接種活動は、住民から熱狂的に歓迎されました。予防接種2日目に入り、住民が建物エリアに立ち入りたいと考えると、人混みは避けられませんでした。

この集団予防接種は、バンドン市、バンドン県、シーマヒ市、西バンドン県を含むグレーターバンドンの居住者を対象としています。

<イベルメクチンの副作用に関する警告>

食品医薬品監督庁 (BPOM) は、現在クドゥス県でコロナ ウイルスにさらされた患者の薬として使用されているイベルメクチンには、非常にさまざまな副作用があることを思い出させました。

BPOM によると、イベルメクチンは強力な薬であり、その購入と使用は医師の監督下にある必要があります。

イベルメクチンは、医学的適応症や医師の処方箋なしで長期間使用されると、筋肉痛や関節痛、皮膚の発疹、発熱、めまい、便秘、下痢、眠気、スティーブンス・ジョンソン症候群などの副作用を引き起こす可能性があります。

<ジョグジャの王様がSuper Micro PPKM を実装>

ジョグジャカルタ特別州政府 (DIY) は、マイクロベースのコミュニティ活動 (PPKM) を制限するための規則を強化する予定です。 この取り組みは、過去3日間のDIYでのCovid-19ケースの急増に対応して行われました。

ジョグジャカルタ市ケパティハン・コンプレックスのゲドン・プラシマソノで、ジョグジャカルタ州知事のスリ・スルタン・ハメンク・ブウォノX氏は、「1日あたり200人、300人、今では400人に増えた」と述べた.

スルタンによると、村でのCovid-19クラスターの出現は、最近の症例の増加を助けてしまいます。

「私たちの原則は、既存の PPKM を引き続き使用することですが、監督の面でさらにマイクロ技術が追加される可能性があります。」

<ワクチン注射が 2,540 万回に到達>

保健省は、金曜日 (11 月 6 日) の 12.00 WIB の時点で、19,669,968 人がコロナ ウイルス ワクチンの接種を受けていることに注目しました。

一方、インドネシアでは、11,525,638 人が Covid-19 ワクチンの 2 回接種を完了しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

4 thoughts on “今週のCovidの概要: ワクチンの到着、イベルメクチンの副作用!

  1. 中国製ワクチンは治験を公表していません。
    WHOで承認しても🤭先進国で使用する事あるは無いと思います。

    これからワクチン接種率が増えて、ワクチンパスポート(PCR陰性証明が必要無く成る)で海外への行き来が増えて行くと思いますが、中国製ワクチンのパスポートでは先進国では受け付け無いと思います。
    インドネシアの方々はPCR陰性証明を取り続ける事に成ると思います。
    勿論、インドネシアの方でも中国製ワクチン以外のワクチンパスポートは先進国でも有効に成ると思います。

    1. いつもコメントありがとうございます。サウジアラビアがハジの巡礼許可にインドネシアを含めないのも「中国製」ワクチンだからという噂も出ています!

  2. こちらこそ、ありがとうございます。

    イベルメクチンは日本の大林教授(ノーベル賞受賞者)が治験に成功してアメリカの製薬会社が製品化した医療薬品です。
    インドネシアは治験を公表しない中国製ワクチンを承認して、世界的に評価の高いアメリカ製薬品を酷評する🤭
    何か意図的な感じを受けます。。

    まあ、せいぜい中国の借金漬けに成り湾岸を取られたスリランカの様に成らないことを祈ります。

    1. やはりそうでしたか。日本人が関わってできた薬であるという話は、あるYoutube番組でも言っていました。
      せっかく良い薬があるのですから、
      先日の富士フィルム製の薬のようにならないように、祈るばかりです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。