この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

文部科学省幼児教育事務局長のジュメリ局長は、教育者と教育関係者に対するCovid-19ワクチン接種は設定された目標の35%にしか達していない、と述べました。 彼は、その割合には教師と講師が含まれていると述べた。

したがって、550万人の教育者と教育関係者のうち、200万人以上が予防接種を受けていると彼は述べた。

「私たちの予防接種のこの進歩は、既存の教師の35パーセントに達しました。教師だけでなく、講師を含む教育関係者も」とジュメリ氏は金曜日(11/6)にCNNインドネシアTVに語った。

したがって、新しい学年度2021/2022に先立って、彼は政府が教育者と教育職員の予防接種をスピードアップしようとしていると言いました。 その理由は、新しい学年度に、政府が限定的な対面学習(PTM)スキームを実装することを計画しているためです。

「うまくいけば、7月中旬までに完了することができます。」とジュメリ氏は言いました。

「私たちはまた、地域の事務所や保健局と調整して、教師が確実にワクチン接種を受けるようにしています」と彼は付け加えました。

同じ機会に、Covid-19処理タスクフォースの行動変化部門の責任者であるソニー・ハリー・ハルマディ氏は、ワクチン接種率が均等に広がっていないため、ワクチンの配布にも注意を払う必要があると述べました。 彼は、予防接種の適用範囲がまだ特定の地域に集中しているとさえ言った。

「割合はすでに高く、35%に近づいていますが、それを見ると、分布が重要です」とソニー氏は述べています。

しかし、彼はまた、教育者と教育関係者への予防接種は新学年度の前に加速されなければならないというジュメリ氏の声明に同意します。

 なぜなら、彼は教育者と教育関係者の予防接種が2021年8月に完了すると予測しているからです。

「限定された対面学習は2021年7月中旬に始まり、550万人の教育者と教育職員の予防接種目標は2021年8月に達成されます」と彼は言いました。

以前、ブディ・グナディ・サディキン保健相は、2021年7月に予定されている学校での限定的な対面学習(PTM)の実施に先立って、すべての教師と教育者にワクチンを注射する必要があると強調しました。 これは、学校環境でのコロナウイルスの感染の可能性を最小限に抑えるためです。

一方、文部科学省が定めた教員や教育関係者への予防接種は、目標から遅れている。 ナディムマカリム氏は、6月中旬から高等教育レベルで教師の予防接種を完了することを目標としています。 しかし、現在、ナディム氏はワクチン接種が遅くとも2021年8月までに完了することを決定しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。