この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kemenkes: Buruan Divaksin
Sebelum Vaksin COVID-19 Tak Mempan Lagi Lawan Virus

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Sabtu, 12 Jun 2021 08:41 WIB


インドネシア保健省のCOVID-19ワクチン接種のスポークスパーソンであるシティナディアタルミジ氏は、ウイルスが変異し続ける前にコロナワクチンを接種するよう国民に呼びかけました。

これまでのところ、シノバック、アストラゼネカ、シノファームなどのインドネシアで使用されているCOVID-19ワクチンは依然として有効です。

「それでも効果的です。ワクチンがウイルスに効かなくなる前に、恐れて急いでワクチンを接種する必要はありません」とナディア氏は金曜日(2021年6月11日)のBinus TVChannelでの仮想ディスカッションで説明しました。

「予防接種を急ぐと、突然変異が起こります。

最初に突然変異したウィルスを持った人または突然変異したウィルスを持った私たちは私たちの突然変異体が免疫を持っていることを意味しますよね?」と彼女は続けた。

あなたがCOVID-19ワクチン接種で防御をしていれば、COVID-19突然変異がCOVID-19ワクチン接種後に得られる免疫に影響を与えないことを、ナディア氏は強調しました。

 新しい亜種に対するコロナワクチンの有効性に関するさらなる研究を待ち続ける代わりに、ナディア氏は、ワクチンがまだ有効であるため、COVID-19に対するワクチン接種を受けるよう一般に求めました.


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

9 thoughts on “保健省:COVID-19ワクチンがウイルスに対して有効にならなくなる前に、急いで接種してください !

  1. チリで接種されているワクチンの種類にも関心が集まっている。チリで接種されているワクチンの90%が中国製のシノバックワクチンであり、残り10%が米ファイザー製ワクチンである。ちなみにイスラエルで接種されているのは米ファイザー製、英国は英アストラゼネカ製、米国は米ファイザー製と米モデルナ製である。

    チリ大学の研究者らは6日、「シノバック製ワクチンの有効性は54%だった」と発表した。54%という数字は、世界保健機関が示した有効なワクチンについての最低値(50%)をやや上回る程度にすぎない。これに対し、ファイザー製やモデルナ製のワクチンの有効性は90%を超えており、アストラゼネカ製のワクチンの有効性も約80%である。

    1. ありがとうございます! これから巡礼に行きたい人たちが後で、面倒な事にならないように、祈るばかりです! サウジアラビアが、現在でも入国を許していない。その理由がどうやらこの理由らしいからです!

      1. 少し長いですが、重要です。
        以下
        中国企業が開発したワクチンは、不活化ワクチンである。熱や化学物質(アンモニアなど)で不活化した(殺した)ウイルスを体内に投与して抗体をつくるという従来の製造方法である。この手法はインフルエンザワクチンなどで使用されていることから信頼性が高いとされている半面、有効性が低いとの見方がもともとあった。インフルエンザウイルスに比べて増殖のスピードが遅い新型コロナウイルスの場合、体内で発生する抗原が少なく、抗体ができにくいからである。

        欧米製ワクチンは変異株への対応を検討しているが、中国製ワクチンは変異株に対する対応を迅速に行えない可能性もある。

        「アストラゼネカ製ワクチンは血栓症を起こす」と問題になっているが、ワクチン接種後の副反応で最も懸念されているのは「ADE(抗体依存性感染増強現象)」である。ワクチン接種によってつくられた抗体がウイルスの細胞への侵入を防ぐのではなく、逆に細胞への侵入を助長する現象のことである。ADEが生じれば重症化するリスクが高くなる。

        1. なるほど、深い話ですが、考えると本当かもしれないお話だとわかるような気がします。ありがとうございます!

  2. 新型コロナウイルスと遺伝子情報が類似しているSARSウイルスの不活化ワクチン開発の際にADEが生じたことから、「新型コロナウイルスの不活化ワクチンでも同様の問題が起きる」ことを懸念する専門家は少なくない。中国製ワクチンは、「感染防止」に役立たないばかりか、ADEのリスクが高まる危険な代物なのかもしれない。

    新型コロナウイルスのワクチン不足が世界的に高まる中、中国は国内の感染者数が少ないという利点をいかしてワクチン輸出の攻勢に拍車をかけているが、はたして大丈夫なのだろうか。

    1. 中国国内の感染者が少ないのか?多いのか?
      正しいであろう、情報が出てこないので、この国の国内情報についての判断はしにくいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。