この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Anies Sebut Jakarta Masuk
Fase Amat Genting Hadapi Covid-19

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 14/06/2021 06:50 WIB


DKIジャカルタのアニス・バスウェダン知事は、首都でのCovid-19パンデミックの状況は心配していると語った。

 彼は、過去数日間でのアクティブケース、毎日の陽性症例、治療ベッドの占有率が陽性数に比例して増加したと述べた。

「データによると、6月6日に症例数は7,000増加し、アクティブの症例は11,500から17,400に増加し、1週間で50%増加しました。

陽性率は先週の9%から17%に上昇しました。

一方、ジャカルタではテスト能力が4回、今週は8回増加したが、陽性率は依然として高い」と、

日曜日(13/6)夜に南ジャカルタで行われた合同集会の後にアニエスは語った。


<Active cases(アクティブケース)>

計算式は「累計の患者数」-「リカバーした人数」-「死亡した人数」=「現感染者数」とします。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57816670Y0A400C2000000/


Covid-19 治療ベッドに関するデータについて、アニス氏は、6月5日の45%から75%に増加したと述べています。

「ジャカルタの死亡率は比較的安定していますが、大きな変化はありません」と彼は言いました。

この状況で、元教育文化大臣は、DKIジャカルタがCovid-19パンデミックの波に直面していると述べました。

彼によると、ジャカルタだけでなく、インドネシアのさまざまな地域で同様の状況が発生しています。

「先月のレバランホリデーシーズン以降、コビッドの症例が増えるという新たな波に直面しています。最近、ジャカルタだけでなくインドネシアのさまざまな地域で急増が感じられ始めています」と彼は語った。

アニス氏は、早急に対策を講じなければ、ジャカルタの新型コロナウイルスの状況はより深刻になる可能性があると述べた。

彼は、法執行官や政府を含む社会のすべての要素を含む集団的規律を求めた。

「ジャカルタは非常に重要な段階に入っています。私たちが行動を起こさなければ、医療施設が制御不能な数に直面し、困難に直面する可能性があります」と彼は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

4 thoughts on “ジャカルタ州知事はジャカルタがCovid-19 に立ち向かう上で非常に重要な段階に入る!

  1. インドネシアは国際空港で入国の際、72時間以内のPCR陰性証明があれば入国出来ます。
    入国後に隔離ホテルでPCR検査→隔離最終日前日にPCR検査→陰性で解放と成ります(14日観察)
    これでは水際対策には成っていません。

    日本の様に入国前に検査(抗原定量)して隔離が正しい水際対策だと思いますので

    日本への入国にもPCR陰性証明は必須ですが、毎日数名の陽性判定者が出ています。
    これはPCR検査時点では感染していなかった、PCR検査の精度が違う、採取者の技術的問題、偽造陰性証明等が考えられます。

    しかしPCR陰性証明があっても陽性判定者が出る現実があります。
    インドネシアも海外からの感染を阻止したいなら入国前の検査が必要だと思います。

    1. いつもコメント、ありがとうございます!

      >>日本の様に入国前に検査(抗原定量)して隔離が正しい水際対策だと思いますので

      これは、インドネシアの入国の際にPCR検査をしていない、という意味ですね?
      それは、やるべきでしょうね!

  2. こちらこそ、ありがとうございます。

    はい、スカルノハッタでは72時間以内の陰性証明提示と問診→入国検査→入国→隔離ホテル選別→隔離指定ホテルへ専用バスで移動→隔離ホテル到着後PCR検査→隔離最終日前日にPCR検査→陰性で解放(入国から14日間観察)
    と成ります。

    唯、PCR検査は時間がかかり、入国数が少ない場合には検査可能ですが、数が増えれば空港が機能しなく成ると思います。
    日本は1時間に200名以上検査出来る抗原検査機器(15分後から順次)を50台確保して各国際空港に配置します。
    単純計算(1日16時間稼働として)で
    200×50×16=160,000名
    コロナ禍前入国者数を楽にクリア出来る事に成ります。

    インドネシアも日本製の機器・試薬をオススメします😁

    *因みにPCR検査は検体採取から判定まで早くて3時間かかります。
    又、検体採取担当技官や看護士も大人数に成ると思われます。
    検査前の待ち時間と待機場所、検査後の判定待機場所等
    課題は多くあります。

    1. 流石です。詳しすぎます。ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。