タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Dokter di Cina: Varian Covid-19 Delta Bikin Pasien Lebih Sakit

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Senin, 14 Juni 2021 06:31 WIB


インドで最初に確認された Covid-19 コロナウイルスの デルタ変異体は、すでに中国で広がっています。

医師によると、湖北省の中心都市である武漢で2019年末に広がり始めたウイルスの初期バージョンとは異なり、より危険な症状が見つかったという。

中国の医者: Covid-19 のデルタ変異体は患者をより病気に! COVID-19 | デルタ変異体 | 新型コロナ

医師は 2021 年 6 月 11 日金曜日、国営テレビに「患者の病気は悪化しており、その状態は急速に悪化しています」と語った。

医師はまた、症例の5分の4に発熱があったことを指摘しましたが、これが以前の症例とどのように比較されるかは不明でした。

患者の体内で検出されたウイルスの濃度は、以前に見られたよりも高いレベルに上昇し、その後ゆっくりと減少しました。

アウトブレイクが集中している広州市のSun Yat-sen University(中山大学:ちゅうざんだいがく)のクリティカルケア医学部長であるGuan Xiangdong氏は、患者の最大12%が症状の発症から3〜4日以内に重篤または重篤な状態になると述べた。

2021年6月13日日曜日のニューヨークタイムズ紙が引用したように、「過去には、その割合はわずか2〜3パーセントでしたが、時には最大10パーセントでした」と彼は語った。

中国を除いて、英国とブラジルの医師も同様の傾向を報告しており、これらの国々で変異体が流行していますが、変異体の重症度は確認されていません。

中国からのこの証言は、世界保健機関が先月「懸念の変種」と呼んだデルタによってもたらされた危険の最新の兆候です。

この亜種は、広範囲にわたる苦しみと死の原因とされており、デルタは英国で支配的な亜種であり、医師は、より伝染性が高く、Covid-19ワクチンの2回の接種のうち1回しか受けない一部の人々に感染する可能性があると述べています.

深センでは先週、英国で最初に出現したアルファ亜種の症例がいくつかありました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

2 thoughts on “中国の医者: Covid-19 のデルタ変異体は患者をより病気に!

  1. 中国企業が開発したワクチンは、不活化ワクチンである。熱や化学物質(アンモニアなど)で不活化した(殺した)ウイルスを体内に投与して抗体をつくるという従来の製造方法である。この手法はインフルエンザワクチンなどで使用されていることから信頼性が高いとされている半面、有効性が低いとの見方がもともとあった。インフルエンザウイルスに比べて増殖のスピードが遅い新型コロナウイルスの場合、体内で発生する抗原が少なく、抗体ができにくいからである。

    欧米製ワクチンは変異株への対応を検討しているが、中国製ワクチンは変異株に対する対応を迅速に行えない可能性もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。