タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Riset: Vaksin Pfizer-AstraZeneca
90 Persen Efektif Tangkal Varian Delta

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Selasa, 15 Jun 2021 07:36 WIB


ファイザーとアストラゼネカのコロナワクチンは、デルタ変異体(B1617.2)によるCOVID-19患者の入院リスクを防ぐの90%効果的であると言われています。

研究:ファイザー-アストラゼネカワクチンはデルタ変異体に対して90%有効 COVID-19 | アストラゼナカ | ファイザー

インドからのこの亜種は、専門家によってより簡単に感染することを恐れられており、ワクチン保護から「逃れる」能力を持っています。

これは、英国公衆衛生サービス(PHE)による月曜日(2021年6月14日)の最新の調査で明らかになりました。 ファイザー/バイオンテックCOVID-19ワクチンは、2回の投与後のデルタ変異体による入院に対して96%有効であると述べられました。

一方、オックスフォード/アストラゼネカは、デルタ変異体による入院からCOVID-19患者を保護するのに92%効果的です。

PHEによると、保護のレベルは、イングランド南東部のケントで最初に識別されたアルファ変異体(B117)に対するワクチンの有効性と同等です。

分析によると、デルタ変異体は症候性COVID-19に対するワクチンの有効性を低下させますが、COVID-19ワクチンの2回接種は依然として患者を重度の症状から保護するのに有効です。

「この非常に重要な発見は、ワクチンがデルタ変異体による入院患者に対して有意な保護を提供することを証明しています」と、PHEの予防接種責任者であるメアリーラムゼイ氏は述べています。

現在、PHEは、デルタ変異体による死亡のリスクを低減するコロナワクチンの有効性を判断するためのさらなる研究を求めています。 しかし、これまでのところ、有効性のレベルは高いと推定されています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

4 thoughts on “研究:ファイザー-アストラゼネカワクチンはデルタ変異体に対して90%有効

  1. シノバック製ワクチンの有効性は54%
    注目すべきはチリの状況である。チリ政府は7日、新型コロナウイルスの感染状況の悪化を受け、「10日と11日に実施する予定だった制憲議会選挙と地方選挙を5週間延期する」と発表した。チリは最もワクチン接種が進んでいる国の一つだが、このところ感染が再び拡大している。その要因として指摘されているのは「制限措置の緩和が早すぎた」ということである。チリはワクチン接種率が1%未満だった1月に体育館やカジノなど一部の商業施設を再びオープンし、移動制限も緩和した。接種率が50%を超えた2月になって初めて制限措置を緩和したイスラエルとは対照的である。

    チリで接種されているワクチンの種類にも関心が集まっている。チリで接種されているワクチンの90%が中国製のシノバックワクチンであり、残り10%が米ファイザー製ワクチンである。ちなみにイスラエルで接種されているのは米ファイザー製、英国は英アストラゼネカ製、米国は米ファイザー製と米モデルナ製である。

    チリ大学の研究者らは6日、「シノバック製ワクチンの有効性は54%だった」と発表した。54%という数字は、世界保健機関が示した有効なワクチンについての最低値(50%)をやや上回る程度にすぎない。これに対し、ファイザー製やモデルナ製のワクチンの有効性は90%を超えており、アストラゼネカ製のワクチンの有効性も約80%である。

    これを見るとシノバック製ワクチンを接種しても約2人に1人は効果が無い事に成る
    WHOで承認されても先進国では承認されない理由が分かる

    1. そうなんです。自分もこのシノバック製が仇になる可能性を気にしています。
      インドネシアは初めからこれを多く使用していて、そろそろ1回目も2回目も終わった人が、効力が落ちて感染している可能性が心配です。

  2. 効力が落ちてというより、最初から2回接種しても効力は54%の人にしか無いと考えた方が良いと思います。
    46%の人は2回接種しても予防効果は無いという事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。