タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ini 25 Kelurahan dengan Kasus Aktif Covid-19
Tertinggi di Jakarta

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Selasa, 15 Juni 2021 | 06:58 WIB


ジャカルタでのCovid-19の陽性症例の急増はますます心配しています。

月曜日(2021年6月14日)の時点でのDKIジャカルタ保健局からのデータに基づくと、11,671のPCRスワブテストから2,722のCovid-19の新しい症例がありました。

これらが、ジャカルタでCovid-19の最も活発な症例を抱える25の都市村! COVID-19 | PCR | 新型コロナ

現在、アクティブな陽性症例が最も多い25の都市村があります。

したがって、ジャカルタでのこれまでのCovid-19の陽性症例の合計は450,793であり、合計で424,088人(94.1%)が回復し、合計7,609人が死亡(1.7%)しました。

アクティブの症例、すなわちまだ治療または隔離されている症例については、19,096例があり、昨日は1,652例が追加されています。

過去5日間で、Covid-19症例の毎日の追加は、6月10日から先週の月曜日まで連続して2,000を超え、6月10日に2,096症例、6月11日に2,293症例、6月12日に2,455症例になりました。 6月13日には2,769件。

19,096に達したCovid-19のアクティブな陽性症例の数は、ジャカルタの267の都市村のうち264の都市村に広がっています。 これは、残りの3つの都市村にアクティブな陽性の症例がないことを意味します。

最も活発な陽性症例を伴う25の下位地区があります。 そもそもKapuk村が300件、次にCengkarengTimur村が212件です。

Covid-19の最も活発な陽性例がある25の村はここにあります:

  1. Kapuk: 300 kasus
  2. Cengkareng Timur: 212 Kasus
  3. Lubang Buaya: 191 kasus
  4. Kebon Jeruk: 180 kasus
  5. Duri Kosambi: 165 kasus
  6. Palmerah: 158 kasus
  7. Jagakarsa: 157 kasus
  8. Pademangan Timur: 155 kasus
  9. Pejagalan: 155 kasus
  10. Srengseng: 149 kasus
  11. Pondok Pinang: 147 kasus
  12. Pondok Kelapa: 140 kasus
  13. Utan Kayu Selatan: 140 kasus
  14. Penjaringan: 139 kasus
  15. Penggilingan: 137 kasus
  16. Sunter Jaya: 132 kasus
  17. Tegal Alur: 130 kasus
  18. Kelapa Dua Wetan: 128 kasus
  19. Pegadungan: 128 kasus
  20. Ciracas: 122 kasus
  21. Semper Barat: 120 kasus
  22. Cengkareng Barat: 118 kasus
  23. Bambu Apus: 117 kasus
  24. Ciganjur: 144 kasus
  25. Sunter Agung: 144 kasus

カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。