タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kasus Covid Naik, DKI Perpanjang
PPKM Mikro hingga 28 Juni

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 15/06/2021 10:29 WIB


DKIジャカルタ州政府は、マイクロスケールのコミュニティ活動制限(PPKM)の実施を6月28日まで延長しました。

この延長は、2021年の知事令番号759および2021年の知事命令番号39に含まれています。

コロナ陽性者が増え、ジャカルタ特別州はMicroPPKMを6月28日まで延長! COVID-19 | PPKM | デルタ変異体

DKIジャカルタ州保健局のデータに基づくと、コロナウイルス(Covoid-19)の症例が大幅に増加しています。新しい症例の追加は、過去5日間で2,000を超えています。

DKIジャカルタ保健局の長であるウィドヤストゥティ氏は、2021年5月31日、正確には、Micro PPKMの前回の拡張期間中に、陽性率7.6%のDKIでの活動例は10,658件に過ぎなかったと述べました。 2週間後または6月14日まで、ジャカルタでの活動的な症例は19,096人に達した。

「実際、最近、症例数は2,000、2,300、2,400、2,700に増加し、陽性率は17.9%と大幅に増加している」とウィドヤストゥティ氏は火曜日(15/6)の声明で述べた。

ウィドヤストゥティ氏は、コロナウイルス変異の新しい変異体についても心配しています。 彼によると、このウイルスの感染はすでにジャカルタにあります。注意すべきいくつかの亜種、特にデルタB1617.2とベータB1351の亜種があります。

「これらの新しい亜種は、私たちに感染する独自の能力を持っているため、非常に厄介です。

拡散が非常に簡単なDeltaB1617.2バリアントと、症状を悪化または致命的にするのが非常に簡単なBetaB1351バリアントの例を取り上げます」と彼は述べています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

2 thoughts on “コロナ陽性者が増え、ジャカルタ特別州はMicroPPKMを6月28日まで延長!

  1. 統計サイト「アワー・ワールド・イン・データ」によれば、ワクチン接種率が20%以上と比較的高いにもかかわらず感染者数が一向に減少しない国の相当数が、中国製ワクチンを使用しているという。中国製のシノファームワクチンを主に接種しているバーレーン(接種率は約30%)、ハンガリー(約25%)、セルビア(約22%)やシノバックワクチンを主に接種しているウルグアイ(約21%)などがこれに該当する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。