タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Sistem IT Industri di RI Disebut Rawan
dari Serangan Siber

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 16/06/2021 08:12 WIB


サイバーセキュリティ会社のカスペルスキー(モスクワに拠点を置く会社)は、インドネシアは2020年の後半に産業用制御システム(ICS)のハッキングに対して世界で7番目に脆弱であるとランク付けされたと述べました。

カスペルスキーインドネシア・テリトリーマネージャーのドニー・コエスマンダリン氏は、2020年上半期(48.5%)と比較して、この状態は1.2%増加したと語った。 昨年下半期には、インドネシアのICSコンピューターの10台中5台(49.7%)が標的にされました。

サイバー攻撃に対して脆弱と呼ばれる「インドネシア」の産業用ITシステム

「ICSコンピューターへの脅威は非常に危険であり、会社だけでなくコミュニティも混乱させる可能性がある」とドニー氏は火曜日(15/JUN)に事実上述べた。

ドニー氏は、インドネシアのICSコンピューターに対する脅威の主な原因には、インターネット(24.6%)、リムーバブルメディアからのマルウェア(11.1%)、および電子メールリンクからの悪意のあるファイル(8.6%)が含まれると説明しました。

さらに、インドネシアはICSコンピューターに対するランサムウェアの試みで世界第3位にランクされており、攻撃の試みの1.77%が昨年の後半にブロックされました。

ドニー氏は、最近のサイバー攻撃でICSコンピューターへの脅威の危険性が見られ、米国最大のパイプライン・ネットワークが機能しなくなり、ガソリンスタンドがほぼ空になり、消費者がパニック買いを経験していると述べました。

この点で、彼は、インドネシアの産業とデジタル化の途方もない成長と発展を考えると、サイバー犯罪者から私たちの重要なインフラストラクチャを保護し続けることがより差し迫った必要性があると言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。