タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Tawarkan Vaksin Nusantara,
Terawan: RI Tak Mau Duluan Akhiri COVID-19?

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Rabu, 16 Jun 2021 13:01 WIB


元保健大臣のテラワン・アグス・プトラント氏は、彼が始めた樹状突起ベースのヌサンタラワクチンには問題がないと感じています。

彼は、ヌサンタラワクチンの臨床試験は、COVID-19を克服するために誰もそれを成し遂げたことがないので、樹枝状ワクチン(ウィルス対策にも利用できる)を作るために新しいやり方に従っただけだと認めました。


参考資料:

樹状細胞ワクチンとは?
樹状細胞ワクチン療法は免疫細胞の一つ「樹状細胞」の働きを利用したがんワクチン治療です。樹状細胞は、体内に入ってきた異物の特徴を攻撃役の細胞に伝える働きを持ちます。

この樹状細胞にがん細胞が持つ目印を与えることで、攻撃役の細胞が確実にがん細胞を狙い撃ちできるようにするのが、樹状細胞ワクチン療法のしくみです。(詳細はこちらを)

「私は混乱しています。問題のポイントは何ですか。研究者としての私たちにとって、問題はないと感じています。


私たちが使用するルールは新しいルールです。なぜですか?

COVID-19に対してこの樹状細胞ワクチンを接種された人は誰もいません。」彼は委員会との会合で説明した。インドネシア国会第7委員会、水曜日(16/6/2021)。

「もちろん、私たちは異なる新しいルールを使用する必要があります。なぜなら、それらは私たちの体に注入されるからです。そうです、他の人からではなく、私たち自身の樹状細胞です。

もちろん、これらの諸問題に出合うのは、一緒に座ることにかかっている」と述べた。

ヌサンタラワクチンがアメリカで作られたのかインドネシアで作られたのでしょうか?

テラワン氏は、それは知覚にのみ基づいてこれをほのめかした。

インドネシア下院の第7委員会の前で樹枝状ワクチンの作り方を説明した彼は、ワクチンが本当に国の子供たちによって作られているのか、それともアメリカによって作られているのかを国民が自由に判断できるように、研究者はそれがどのように作られているのかを完全に理解している必要があることを強調した。

「そして、それは友人がいるからかもしれません。これは共同研究関係です。そうです、アメリカ人の友人もインドネシア人の友人もいます。だから、あなたがそれを何と呼びたいかは、考え方次第です。」彼は言った。

「最も重要なことは、誰もが良い道を歩み、善意を持っていると信じていることです。私たちが一緒に座っていれば、このパンデミックを適切に解決できると信じています」と彼は説明しました。

(中略)

それだけでなく、テラワン氏はヌサンタラワクチンがCOVID-19パンデミックを終わらせる鍵であると主張しました。

彼は、これが樹状突起ベースのワクチンが終わりの始まりと密接に関連しているという世界の仮説に基づいていることを認めています。

「確かに、中国や北京などでのSARS事件の最も古い文献では、T細胞は最大6年間存在し、それが世界の研究が示唆していることであり、樹状細胞ワクチンが考慮されるという仮説が立てられています。

癌とCOVID-19を終わらせ始める終わりの始まり」と彼は説明した。

「私たちは。たまたまそれを作ったのですが、最初に始めるべきではありませんか?はい、私は答えをみんなに任せます、インドネシアが最初に始めるべきではありませんか?私はそれに対する答えを知りません」と彼は再び言いました。

テラワン氏は、COVID-19の発生を解決する1つの方法は、集団免疫を達成することであると述べました。一方、彼は、初期段階の臨床試験でのヌサンタラワクチンは、最大3か月続く免疫を構築することが証明されており、免疫が6か月間高いままであるかどうかを確認するためにさらにテストされると述べました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。