タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

DPR Setuju Vaksin Nusantara
Terawan Masuk Uji Klinis Fase III

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 16/06/2021 15:23 WIB


第7委員会インドネシア下院 は、元保健大臣のテラワン・アグス・プトラントがヌサンタラワクチンの開発に関する研究を継続することに合意した。

彼らは、ヌサンタラワクチンに第III相臨床試験を直ちに実施するようにさえ促しました。

インドネシア下院は、ヌサンタラテラワンワクチンが第III相臨床試験に入ることに同意! COVID-19 | ワクチン | 新型コロナ

合意は、水曜日にジャカルタの議会コンプレックスで開催された「エイクマン分子生物学研究所」および「Covid-19 研究とイノベーション 共同事業体」の議長との委員会VIIDPR RIヒアリング会議の終わりに読み上げられました(水曜日) (16/6)。

「第7委員会インドネシア下院は、テラワン・アグス・プトラント博士によるヌサンタラ免疫ワクチンの開発を全面的に支援し、臨床試験規則に従って第III相臨床試験の継続を促し、科学的に正当化できるようにします」と第7委員会の副議長エディ・スパルノ氏は述べています。水曜日(16/6)の会議の結論を読んだ。

第7委員会はまた、Covid-19研究革新コンソーシアムのイスムナンダル議長が、樹状細胞ベースのヌサンタラ・ワクチン研究を、ワクチン研究開発の1つとして含めることを支持しています。

インドネシア下院 第7委員会は、インドネシアでのすべての種類のCovid-19ワクチンの開発もサポートしています。

これは、インドネシアの進歩と独立に向けた国の革新の一形態です。

さらに、インドネシア下院は、「Covid-19 研究とイノベーション 共同事業体」が赤と白のワクチンの開発を直ちに完了することに同意しました。 これは、ワクチンをすぐに大量生産できるようにするためです。

「安全性の臨床試験基準に引き続き注意を払い、製品をより広いコミュニティですぐに使用できるようにすることによって」と彼は述べた。

ヌサンタラワクチンは、当時BPOMが第II相臨床試験の許可を与えていなかったにもかかわらず、研究チームがDPRのメンバーを含む多くの関係者に血液サンプルを採取するプロセスを実行した後で、論争があったことが知られていました。

昨年4月、ヌサンタラワクチンの試験は研究とサービスの目的でのみ実施されることが最終的に決定されました。

これは、ワクチンの臨床試験がBPOMによる配布に必要ないことを意味します。

ヌサンタラ・ワクチンの研究と調達に関連するすべての監督は、完全に保健省の管轄下にあります。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。