タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Penyebaran Varian Delta B1617.2
di Jakarta Mengkhawatirkan

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Rabu, 16 Juni 2021 | 23:34 WIB


DKIジャカルタ州政府は、ジャカルタでの症例の急増の2つの主な原因、すなわち2021年のイード休暇の影響とSars-Cov-2またはCovid-19ウイルス変異の新しい変異体を特定しました。

DKI州政府はまた、すべての活動に健康プロトコルを適用する際の規律の強化に戻るよう国民に求めました。

ジャカルタでのデルタB1617.2亜種の蔓延が懸念される! COVID-19 | デルタ変異体 | 新型コロナ

DKIジャカルタ保健局の長は、より危険で急速に広がるCovid-19変異の新しい変異体について心配しています。Covid-19変異は海外で発生した変異であり、このウイルスの感染はすでにジャカルタに存在します。

「この新しい亜種は、私たちに感染する独自の能力を持っているため、非常に厄介です」と、水曜日(16/6/2021)にジャカルタでウィドヤスツティ氏は述べました。

ウィドヤスツティ氏によると、注意が必要なCovid-19変異の新しい亜種の1つは、ジャカルタで感染しているDelta B1617.2亜種です。 この亜種はもともとインドで発見されたもので、伝染性が高いです。

「拡散が非常に簡単なDeltaB1617.2バリアントの例を取り上げます」と彼は言いました。

さらに、ウィドヤスツティ氏によると、別のCovid-19変異は、南アフリカに由来するベータB1351変異体す。この変種は、曝露された人々に、死に至る可能性のある重度の症状を引き起こす可能性があります。

「この変種は、症状を重度またはより致命的にするのは非常に簡単です」と彼は言いました。

ウィドヤスツティ氏によると、心強いのは、これらすべての亜種がCovid-19ワクチンによって予測できるということです。

したがって、DKI州政府は、これまで4番目の優先グループである18歳以上の人々に到達したCovid-19ワクチン接種の実施を引き続き増やしていきます。

以前の予防接種は、医療従事者、高齢者、公務員、および脆弱なコミュニティに注入されてきました。

「最新の研究によれば、すべての変異体はワクチンで予測できますが、私たちは本当にこれを一緒に認識しなければなりません」とウィドヤスツティ氏は結論付けました。

しかし、ウィドヤスツティ氏は、ジャカルタでのCovid-19突然変異の新しい亜種の数と、これらの新しい亜種のそれぞれにさらされた人々の数については詳細に言及していませんでした。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

2 thoughts on “ジャカルタでのデルタB1617.2亜種の蔓延が懸念される!

  1. 中国製の不活化ワクチンは変異型に対応出来無い可能性があります。
    武漢型の死んだ抗体をワクチンの素材に用いているからです。

    不活化ワクチンはインフルエンザに用いらていますが、インフルエンザは型毎に違うワクチンを接種している事をみても分かります。

    1. >>武漢型の死んだ抗体をワクチンの素材に用いているからです。

      なるほど、確かに考えればそうなりますね! ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。