この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Warga dari Zona Merah Corona Bakal
Diwajibkan Bawa Surat Tugas

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Kamis, 17 Jun 2021 17:21 WIB


コロナウイルスまたはCOVID-19の場合の急増により、一部の地域がレッドゾーンになりました。

国家警察は、レッドゾーンの住民は、出入証明書(SKKM)を持参する必要があるという規則を実施する予定です。

「割り当てなどは状況に応じて行われ、Soloの場合と同様に必須のレッドゾーンが含まれます」と、レッドゾーンの住民の割り当て書とSKKMの規則について尋ねられたとき、国家警察署長のイスティオノ氏は述べました。

これは、木曜日(17/6/2021)にソロで行われたファロカ・チェックポイントの投稿を確認した後、イスティオノ氏によって記者に伝えられました。

同じ機会に、イスティオノ氏は、特にコロナレッドゾーンエリアからのコミュニティのモビリティを強化するためにチェックポイントポストを持つことの重要性を説明しました。

彼によると、チェックポイントだけでなく、ランダムなコロナテストがあったほうがよいとのことです。

「(同様に)ソロの州境はレッドゾーンに隣接しているため、インドネシア警察の交通警察長は、即座にモビリティの監視に対応します。他の地域でも同じことをしてほしいと思います」とイスティオ氏は説明しました。

イスティオノ氏は、チェックポイントの準備とは別に、モバイルSIMサービスカーを無料の「迅速抗原検査サービスカー」に変更すると付け加えました。

すでに143ポイントがあり、イスティオノ氏は、インドネシア全体に152のチェックポイントが有る事を伝えることによってデータを更新しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。