タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Catat! Ini Kesalahan yang Sering Dilakukan
Saat Isolasi Mandiri

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Sabtu, 19 Jun 2021 09:30 WIB


COVID-19患者を治療する病院の占有率は一杯になりつつあります。 まれではありませんが、無症候性を感じたり、軽度の症状を経験したりする患者の中には、自宅で自己隔離することを決定する人もいます。

ただし、自己隔離中にコロナウイルス感染の拡大を引き起こす可能性のあるいくつかの間違いがあります。

メモして! これらは、自己隔離中によくある間違い! COVID-19 | 新型コロナ

「Sulianti Saroso Infectious Disease Hospital」の肺専門医であるアドリア・ルスリ博士は、よくある間違いは不十分な自己隔離の状態であると述べました。

「通常、自己隔離したり、押し付けたりすることはできません。たとえば、家には自分用の特別な部屋がなく、一緒に食事をしたり、一緒にテレビを見たりすることが最も頻繁に起こります」と説明しました。

アドリア博士は、COVID-19患者が自宅で自己隔離できるようになるには、医学的条件と社会的条件の2つの条件があると説明しました。 医学的要件については、COVID-19患者の1人が良好な免疫システムを持っていることを確認する必要があります。

「病状は、彼の免疫状態が良好である、彼の状態が軽度である、または症状がないこと、そして併存疾患もないことです」とアドリア博士は述べた。

「社会的状態は自己隔離することができます。

たとえば、彼が自分の部屋にいる場合、彼の状態は医療施設によって監視され、体温はどうか?トラブルはないか?など」と彼は続けました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。