タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Saat Jubir Satgas Positif Corona di Tengah Lonjakan Kasus

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています! 
Minggu, 20/06/2021 07:26 WIB


専門家チームのコーディネーターであり、Covid-19処理タスクフォースのスポークスパーソンであるウィク・アディサスミト氏は、過去2週間の忙しい活動の後、Covid-19に陽性であることが確認されました。

コロナ専門家部隊のスポークスパーソンが、急増の真っ只中にコロナ陽性! COVID-19 | PCR | 新型コロナ

ウィク氏は公式声明の中で、2021年6月18日からCovid-19にさらされた時系列を説明しました。

その時、彼は抗原スワブ検査を行い、結果は陽性でした。 次に、PCRスワブテストで結果を確認しました。

「私が今日受け取った結果は、Covid-19の陽性」と土曜日(19/6)のウィク氏は言いました。

彼は、過去2週間に、クドゥスやバンカランなど、事件が急増した地域を実際に訪問したと述べた。

彼は、これらの地域を訪れている間にコロナウイルスに感染したと推定しました。

「私は健康プロトコルを規律を守ってさまざまな地域に出張します。疲労のために免疫系が低下すると、これらの活動にさらされる可能性があります」と彼は言いました。

さらに、ウィク氏は体調が良いと言った。 彼はまた、彼がすぐにウイルスから回復するだろうと楽観的です。

彼はまた、彼と密接に接触している当事者に、検査と追跡の努力として抗原検査を実施するように依頼しました。

「私はまた、3Mの健康プロトコル、すなわちマスクの着用、手洗い、距離の維持を厳守するよう国民に求めています」と彼は言いました。

一方、Covid-19の追加の毎日の陽性症例は、依然として増加傾向を示しています。 土曜日(19/6)の時点で、全国的な陽性症例は12,906増加し、累積は1,976,172症例になりました。

全陽性例のうち、1,786,143人が回復し、54,291人が死亡した。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。