タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Hari Ini Indonesia Terima Kedatangan
Vaksin Covid-19 Tahap 17

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Minggu, 20 Juni 2021 | 08:43 WIB


インドネシアは、今日、日曜日(2021年6月20日)にタンゲランのスカルノハッタ空港で12.05WIBにCovid-19ワクチンの第17段階を再び受け取ります。

本日<6月20日>インドネシアはCovid-19ワクチン「フェーズ17」の到着を受け取る! アストラゼナカ | コバックス | シノバック

この情報は、Covid-19および国民経済回復処理委員会(KPCPEN)のパブリックコミュニケーションチームによって提出された記者会見への招待に基づいて、Beritasatu.comによって受信されました。

政府のプレスステートメントは、保健大臣のブディグナディサディキンによって配信され、大統領事務局のYouTubeチャンネル https://www.youtube.com/c/SekretariatPresiden を介して生放送されます。

知られているように、金曜日(2021年11月6日)の時点でのCovid-19取り扱い委員会と国家経済回復(KPCPEN)からのデータに基づいて、インドネシアはCovid-19ワクチンの94,728,400用量を確保しました。

詳細については、シノバックワクチンは8,450万回分で、300万回の既製ワクチンと8,150万回のバルクまたは原材料、Covaxファシリティスキームに基づくアストラゼネカは8,228,400回分、シノファームは200万回分です。

以下は、バルクまたは原材料、あるいは既製のワクチンの形でインドネシアが受け取ったCovid-19ワクチンの供給の詳細です。

まず、シノバックワクチンの最初のフェーズが2020年12月6日に到着し、既製のワクチンの形で120万回接種されました。

第2に、シノバックワクチンの第2フェーズは、既製のワクチンの形で180万回投与されて2020年12月31日に到着しました。

第3に、シノバックワクチンの第3フェーズは、2021年1月12日に到着し、150万回分の半製品と1500万回分の原材料が含まれます。

第4に、シノバックワクチンの第4フェーズは、2021年2月2日に到着し、半製品で100万回、原材料が1,000万回投与されます。

第5に、シノバックワクチンの第5フェーズは、2021年3月2日に到着し、原材料の形で合計1,000万個になります。

第6に、アストラゼネカワクチンの第6フェーズは、2021年3月8日に到着し、合計1,113,600回投与されます。

第7に、シノバックワクチンの第7段階が2021年3月25日に到着し、合計1,600万の原材料が使用されます。

第8に、シノバックワクチンの第8段階が、2021年4月18日に到着し、合計600万が原材料の形で輸入されました。

第9に、Covax施設からのアストラゼネカワクチンの第9段階が、2021年4月24日に到着し、3,852,000ものワクチンが準備されました。

第10に、シノバックおよびシノファームワクチンの第10段階が4月30日に到着し、合計600万個の原材料でシノバックワクチンと482,400回分のシノファームワクチンが完成しました。

第11に、シノファームワクチンの第11段階は、2021年5月1日に到着し、50万回分のワクチンの準備が整いました。

第12に、Covax施設からのアストラゼネカワクチンの第12フェーズが、2021年5月8日に到着し、合計1,389,600回投与されました。

第13に、シノバックワクチンの第13段階は、2 0201年5月25日に到着し、バルクまたは原材料で合計800万回投与されました。

第14にシノバックワクチンの第14段階は、2021年5月31日に到着し、原材料の形で合計800万回投与されました。

第15に、Covax施設からのアストラゼネカワクチンの第15段階が、2021年6月5日土曜日に到着し、合計313,100回投与されました。

第16に、シノファームワクチン100万回分は2021年6月11日に到着しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

2 thoughts on “本日<6月20日>インドネシアはCovid-19ワクチン「フェーズ17」の到着を受け取る!

  1. インドネシアはシノバック製ワクチンを続けるのでしょうか?

    前日はチリの効果54%と紹介しました。
    セーシェルではワクチン接種率が希望者は100%に成って居ますが感染者は減って居ません。

    1. はい。インドネシアは、シノバックを中心に接種するようです。
      なぜなら、報道によれば、1番多く輸入する予定ですから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。