タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Waspada! Makin Banyak Siswa TK,
SD hingga SMP di Cimahi Positif COVID-19

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Selasa, 22 Jun 2021 20:01 WIB


チマヒ市でのCOVID-19の症例は、子供を標的にし始めました。 チマヒ市教育局の記録によると、6人もの幼稚園生がCOVID-19に感染しました。

警告! COVID-19陽性のチマヒの幼稚園・小中学生の増加! COVID-19 | 新型コロナ

幼稚園の生徒だけでなく、46人の小学生と6人の中学生もCOVID-19の検査で陽性でした。

過去数週間の経過を見ると、この数はまだ増え続ける可能性があります。

6月14日には、COVID-19に感染した小学生23人と、COVID-19陽性であることが確認された中学生6人がいました。 現在、中学生で、1人が治癒したと宣言されています。

「COVID-19にさらされた幼稚園、小中学生の数に関するデータがあり、データは増え続ける可能性があります」と、チマヒ市教育局長、ハルジョノ氏は火曜日に記者団に語った。 (2021年6月22日)

しかし、追跡に基づいて、COVID-19陽性であったすべての学生は、以前はEidの休暇中に地域間を移動したことがあったため、家族から感染しました。

「これは、対面学習シミュレーションのステージIまたはステージIIの実装による影響ではないと考えています。

シミュレーションを実施した一部の学校にも陽性の生徒がいなかったためです」と彼は説明しました。

「しばらく前の対面学習シミュレーションの後、年度末テストが継続されました。

ですから、そこに問題があります。」とハルジョノ氏は付け加えた。

学生だけでなく、チマヒ市の多くの教師もCOVID-19に感染していることがわかりました。

4人の幼稚園/ PAUDの教師がCOVID-19の検査で陽性を示しました。また、小学校の先生は36名、中学校の先生は5名が陽性です

「一部の教師は自宅で感染し、一部の教師は学校で活動しました。

現在、活動の25%のみが学校で行われています。したがって、すべてが対面学習シミュレーションによるものではありません」と彼は説明しました。

チマヒの生徒と教師の陽性反応の影響により、7月19日に開催される予定の限定的な対面学習が延期されました。

「チマヒ市の市長代理は7月に対面学習の実施を遅らせる可能性が高い。遅れは1ヶ月になるだろう」と彼は言った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。