タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Mengapa Vaksin COVID-19 Dibuat Lebih Cepat
dari Vaksin Kanker dan HIV?

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Rabu, 23 Jun 2021 07:40 WIB


COVID-19ワクチンが癌やHIVのワクチンよりも速く作られているのはなぜですか? たぶん、この質問が頭に浮かびます。

COVID-19ワクチンが癌やHIVワクチンよりも速く作られるのはなぜですか? COVID-19 | ワクチン | 新型コロナ

2019年後半からCOVID-19が世界に流行したとき、コロナワクチンの開発は迅速に行われました。 この説明は科学的に答えることができます。

2021年4月にClinical Cancer Researchに掲載された、「1年以内にCOVID-19ワクチンを入手した方法」というタイトルのジャーナルから。 COVID-19ワクチンの開発には3つの重要なポイントがあると説明しました。

  1. SARS-CoV-2ワクチンにつながる研究は、ウイルスRNA配列が決定された2020年1月に開始されたのではなく、実際には15年以上前(またはそれ以上)にコロナウイルス生物学の基礎基礎科学から開始されました。

  2. 最先端のSARS-CoV-2ワクチンのバックボーンを形成するワクチンプラットフォームは、2020年に発明されたのではなく、開発中であり、人間でさえテストされている。

  3. ワクチン誘発免疫メカニズムを理解するための数十年の投資があり。ウイルス感染からの保護、免疫系が他のコロナウイルスの一部に対する抗体応答を生成する経路は、SARS-CoV-2に対する開始の基礎を利用できる。

さらにPOZを引用すると、各疾患には独自の課題があり、互いに比較することはできません。明確に言うと、HIVやCOVID-19とは異なり、癌はウイルスによって引き起こされる感染症ではありません。

(ただし、ヒトパピローマウイルスなどの一部のウイルスは癌のリスクを劇的に高める可能性があります)。

癌には、遺伝学、放射線、化学物質など、多くの原因があります。実際、承認された癌ワクチン(前立腺癌用)は1つあり、いくつかは臨床試験で有望です。

科学者がHIVのワクチンの開発に苦労している理由のひとつは、ウイルスが急速に変異し、細胞に隠れることで治療を回避できるためです。

HIVと比較した場合、他のウイルスは、これほど悪賢くはありません。

インフルエンザなどの他のウイルスに対する成功したワクチンは、ワクチンを作るためにウイルスの不活化または弱毒化バージョンに依存しますが、

弱毒化HIVはまだ免疫応答を誘発するのに効果的ではなく、生きているHIVはワクチンの形で使用するには危険すぎます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

1 thought on “COVID-19ワクチンが癌やHIVワクチンよりも速く作られるのはなぜですか?

  1. covit – 19のワクチンに関しては、承認をしてはいますが、有事だからです。
    言い方を変えれば緊急承認という形に成ります。
    日本の厚労省承認製品は緊急承認です。

    特に不活化ワクチンは何年(10年以上のケースも有り)も治験を重ねて、承認して貰えるか否かの製品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。