タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kementerian BUMN Jawab Simpang Siur
Ivermectin Obat Corona

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Rabu, 23 Jun 2021 07:45 WIB


イベルメクチンは現在、公開討論のホットトピックです。 さらに、コロナまたはCOVID-19薬として宣伝されたイベルメクチンについて、紛らわしいニュースが浮上しました。

国営企業省が混乱に答える「イベルメクチン」コロナ薬 COVID-19 | イベルメクチン | 新型コロナ

国有企業省もこの問題に関して声を上げた。 国有企業省大臣の特別スタッフであるアルヤ・シヌリンガ氏は、国有企業省大臣のエリック・トヒル氏がコロナ薬としてイベルメクチンについて言及したことは一度もないと述べた。

彼は、エリック氏は食品医薬品監督庁(BPOM)が駆虫剤としてイベルメクチンの流通許可を与えたことだけを伝えたと述べた。

「確かなことは、エリック氏がイベルメクチンがコロナ薬についてBPOMから許可を得たことを一度も話したことがないということです。代わりに、彼はBPOMが抗寄生虫薬のためにイベルメクチンの販売承認を与えたと言いました」と彼は火曜日にメディアに語った(22 /6/2021)。

彼は、コロナに冒された人々のための治療のためのイベルメクチンを説明しました。 「政治家アルヤ氏」は、これまでCOVID-19の治療法はないことを強調しました。

「まあ、この薬、イベルメクチンは、エリック氏が述べたように、コロナに冒されている人々のための治療法になる可能性があります。

今日までコロナ薬のようなものはありません、今日までも使える治療法であり、それは医師の推奨によって与えられ、イベルメクチンも医師が使用できる治療法の1つですが、それは医師の推奨に依存します」と彼は言いました。

彼は、イベルメクチンの位置は以前に導入された薬と同じであると言いました。

彼はまた、BPOMがそれがコロナ薬であると述べたことは一度もないと述べた。

「それがすべての治療法であり、BPOMもそれがコロナの薬であるとは言っていませんが、それはコロナ患者と治療法によって使用されています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。