タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

5 Fakta Ivermectin,
Obat Terapi Covid-19 yang Dapat Izin BPOM

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Selasa, 22 Juni 2021 14:37 WIB


 国有企業大臣のエリック・トヒル氏は、イベルメクチンがCOVID-19の治療について食品医薬品監督庁(BPOM)から許可を受けたと述べました。

 この薬はPTインドファーマTbkによって生産されます。

「本日、駆虫薬イベルメクチンがBPOM許可を取得したことを伝えたい」と、2021年6月21日月曜日のプレスリリースで国有企業大臣大臣のエリックトヒルは述べた。

 

ついに!「BPOMが承認」のイベルメクチン:Covid-19治療薬5つの事実 COVID-19 | イベルメクチン | 新型コロナ

イベルメクチンは、BPOMから番号GKL2120943310A1の販売承認を取得しています。 イベルメクチンは現在、国立保健研究開発研究所で研究段階にあり、国防省の下でいくつかの病院と協力しています。

この研究は、イベルメクチンがCovid-19の予防と治療の両方として使用できることを証明するために実施されました。 イベルメクチンについてもっと知るために、ここにこの薬についての5つの事実があります

1.イベルメクチンは駆虫薬

インドネシアでは、イベルメクチンはまったく新薬ではありません。この薬は、蠕虫(ぜんちゅう)感染症の治療薬として登録されています。それは年に一度の使用で150-200mcg / kg体重の単回投与で与えられます。

さまざまな研究により、Covid-19へのイベルメクチンの使用に関してさまざまな結果が示されています。一時的な回復がほとんど見られない場合もあれば、薬が実際に病気を悪化させると主張する場合もあります。

それ以来、米国食品医薬品局(FDA)は、証拠が十分に強力ではないため、Covid-19の治療に抗寄生虫薬を使用しないよう警告しています。

2.インドで使用

インドでは、この薬は死亡者数を25%削減し、感染者数を80%削減することに成功したと考えられています。

ロイターからの引用によると、ゴア州とウッタラーカンド州は、Covid-19患者の治療に抗寄生虫薬イベルメクチンを使用することを決定しました。実際、WHOはそれを使用しないように警告を発しました。

両州は、イベルメクチンの使用に関するガイドラインを確立したと言われています。ただし、それぞれに異なる使用手順があります。

たとえば、ゴア州は、イベルメクチンは18歳以上の人にのみ使用する必要があると規定しています。

ウッタラーカンド州は、イベルメクチンは妊娠中または授乳中の女性を除いて、2歳以上の誰にでも使用できます。

3.Covid用の薬ではありません

エリック・トヒル氏は、イベルメクチンはCOVID-19の薬はなく、COVID-19用にも使える治療薬であることを強調しました。この薬は治療法として使用されます。

「しかし、これは単なる治療法であり、唯一のCOVID-19治療薬ではないことに注意してください。これは、パビラフィールやオセルタミビルのような1つの治療法の一部であり、抗ウイルス薬用ですが、すでに深刻になっている状態にあります」と彼は言いました。

4.副作用

イベルメクチンを医学的適応なしに、また医師の処方箋なしで長期間使用すると、筋肉/関節痛、皮膚発疹、発熱、めまい、便秘、下痢、眠気、スティーブンス・ジョンソン症候群などの副作用を引き起こす可能性があります。

「イベルメクチンは強力な薬として分類されており、処方箋とともに医師の監督下で使用する必要があることを忘れないでください。したがって、医師の処方箋なしでこの薬を服用しないでください」とエリック・トヒル氏は述べています。

5.手頃な価格

インベルメクチンの価格は、1錠あたり5,000ルピアから7,000ルピアです。現在、イベルメクチンは安定性試験段階にあります。 「いくつかの医学雑誌もこの薬の有効性を発表しています。その後、月に400万錠の生産能力を持つこの薬は、インドネシアのコロナウイルスを克服するための取り組みの解決策の1つになると期待されています」とエリック・トヒル氏は述べています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。