タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bali akan Jadi Pilot Project
Wisata Vaksin di Indonesia

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Rabu, 23 Juni 2021 10:37 WIB


観光クリエイティブエコノミー大臣は、バリ州がワクチンベースの観光を実施する「パイロットプロジェクト」になると述べました。 これは、Covid-19パンデミックにより深刻な縮小を経験し続けているバリ経済を改善するための政府による取り組みです。

バリがインドネシアのワクチン観光のパイロットプロジェクトに! COVID-19 | パンデミック | 新型コロナ

「私たちは保健大臣とそれについて話し合いました。その話し合いの中で私たちはこのワクチン接種観光プログラムを準備するために大統領との内部会議に割り当てられました」とサンディアガ氏は2021年6月22日火曜日に言いました。

サンディアガ氏によると、多くの国が同様のツアーを提供しています。 多くの観光客がワクチンツアーに興味を持っていることがわかりました。

一方、サンディアガ氏は、インドネシアでの予防接種の対処について、適用範囲を拡大し続ける努力もしていると述べた。 「私たちは、より多くの予防接種が大規模に配布されることを奨励したい」と彼は言った。

その後、サンディアガ氏によれば、このパッケージでのワクチンの提供は国内観光客向けに優先され、外国人観光客向けのワクチンは、独立したワクチンフレームにパッケージ化された協会と協力して、インドネシア人向けの無料ワクチン配布を受け取らないようにします。

しかし、それは最終調整されており、後にバリ州知事と共に立ち上げられる予定です。

一方、バリ島観光の開業について、サンディアガ氏はまだ最終段階にあると語った。 この準備は、国内外のCovid-19パンデミックの状況によって異なります。

サンディアガ氏によると、後で条件が不可能になる可能性があるため、再度確認されます。 「ロビー活動は90パーセントのレベルです。 一方、試験としてのチャーター便の準備も大きな進展を見せていますが、ボタンを押すことは最新のコビッドの状況に依存している」と述べた。具体的な実施場所は未定です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

4 thoughts on “バリがインドネシアのワクチン観光のパイロットプロジェクトに!

  1. 日本では各国からのオリンピック選手団の入国が始まりました。
    19日ウガンダから入国の選手1人が成田検疫で陽性判定に成りました。

    選手の入国に関してはワクチン接種とPCR検査陰性証明が義務付けられています、勿論その人も接種・検査をしていました。
    昨日(23日)、同じ選手団の中から新たに陽性判定者が出ています。

    世界人口の70%が抗原を取得するまではたとえワクチン接種をしていても入国の際に検査は必須だと思います。

    1. コメントありがとうございます。

      そうですか。オリンピックは決定で、さっそく選手団の一部が入国ですか。
      このような陽性者は、もっともっと外国から入ってくるのは、見えていますね!

      どのように混乱を防いていくのか、日本国の対応能力が問われます!

  2. 残念ながら日本には対応能力はありません。
    感染症に対して特別な権限を与えた部署が無いからです。
    統括責任者も居ません。

    1. ありがとうございます。これについて言えば、日本は向いていませんよね。責任を取りたい人が居ないのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。