タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Menkes Akui Implementasi PPKM
di Lapangan Masih Bermasalah

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 24/06/2021 08:24 WIB


保健相ブディ・グナディサディキン氏は、「マイクロスケールコミュニティ活動制限」(PPKM)の実施がまだ最適ではないことを認めています。

したがって、政府は国軍―警察と協力して、マイクロPPKMの実装を最適に実行できるようにします。

保健大臣は、現場でのPPKMの実施にはまだ問題がある! COVID-19 | PPKM | パンデミック

「これは、実行、現場での行動、現場での実施における問題であることは事実です。

これは、25%または50%のルールの問題ではありません。実際には、実行を強化する必要があります。」とブディ氏は水曜日の夜(23/6)のマタナジワ・イベントで言った。

ブディ氏によれば、これは、理論だけでなく、現場での実施が正しく行われるようにするというジョコ・ウィドド大統領の指示とも一致しているとのことです。

その際、ブディ氏はまた、健康プロトコルに従わなかった人がまだたくさんいると言いました。

たとえば、家の外で活動するときにマスクを使うのを嫌がる人はまだたくさんいます。

したがって、彼によれば、国軍―警察は村レベルまでコミュニティを直接監督します。

「だからこそ、国軍―警察は、規律が確実に実行されるように主導権を握るよう求められている」と元国有企業副大臣は説明した。

彼によると、パンデミックを食い止めるためには、国民も健康プロトコルを守りながら積極的に参加しなければなりません。 なぜなら、このパンデミックの問題は政府の問題だけではないことを彼は強調したからです。

「このパンデミックが確実に終わると考えれば、少なくともそれはエピデミックになり、それがどれくらい続くかを自分で決めることができる」とブディ氏は述べた。

  • パンデミック(pandemic):感染症の世界的大流行
  • エピデミック(epidemic):ある地域で短期的に感染症が流行

「私たちは、何人の友人が感染し、病院に入って死ぬかを決定し、私たちの経済がどれだけ深く沈むかを覚悟することです」と彼は続けました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。