タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Alasan Positivity Rate Antigen
Lebih Rendah dari PCR

オンラインメディア「 CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 24/06/2021 08:13 WIB


Covid-19処理タスクフォースは、迅速抗原検査を通じてCOVID-19に曝露された市民の陽性率または陽性症例の比率が、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査の結果よりもはるかに低い理由を説明しました。

PCRよりも抗原検査の陽性率が低い理由! COVID-19 | PCR | 抗体検査

Covid処理タスクフォース、追跡部門のメンバーのマスダリナ・パネ氏は、陽性率が低いのは、COVID-19症例の診断ツールとして迅速抗原検査を使用しているインドネシアのすべての地域によるものではないと述べた。

これは、報告されたデータが、症例診断ツールとして迅速抗原検査を使用する領域からのみのデータである事を意味します。

<検査手順から起きる結果>PCR検査が先に行われるため(編集員要約)

したがって、地域AとBでの迅速抗原検査は、診断ツールではありません」と、水曜日(23/6)にCNNIndonesia.comから連絡を受けたとき、マスダリーナ氏は述べました。

2021年6月22日現在のデータによると、検査の総数から70,742人があり、

  • 24,987のPCR、
  • 45,250の迅速抗原検査、
  • 505の分子迅速検査(TCM)<PCRに近い新しい方法>の詳細が示されています。

PCR検査からの毎日12,076の陽性症例、抗原からの509、およびTCMからの248がありました。

<参考資料>

PCR検査・抗原検査・抗体検査の違いとは?

  • PCR検査:ウィルスの遺伝子を検出する検査
  • 抗体検査:ウィルス自体を検出する検査
  • 抗原検査:抗体を持っているかを調べる検査

これらの発見から、PCRは51.62パーセント、Covid-19の陽性症例を発見したことがわかりました。 一方、より多くの数であった迅速抗原検査は、Covid-19居住者の陽性症例の1.12パーセントにしか貢献しませんでした。

マスダリナ氏は、これまでにA、B、Cの3つの区別カテゴリが定義されていると説明しました。

  • カテゴリAは、ラボが1 x24時間以内にPCR結果を生成できる地域
  • カテゴリBは、PCR結果が2 x 24時間である地域
  • カテゴリCは、PCR結果が2 x24時間を超える地域

カテゴリAは、使用される診断テストはPCRです。

カテゴリBは、迅速抗原検査を使用して診断され、反応性がある場合は、PCR検査が続きます。

診断用カテゴリCは、迅速抗原検査を2回使用して、居住者がCOVID-19に陽性であるかどうかを確認するのに十分。

そのカテゴリー分類では、PCRを使用したCOVID-19の陽性結果は、迅速抗原検査以上のものであると結論付けることができる。

なぜなら、診断ツールとして迅速抗原検査を使用する領域Cのみがデータに記録されているからです。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

4 thoughts on “PCRよりも抗原検査の陽性率が低い理由!

  1. 感染症の基本検査はPCRです。
    例えば、PCRの精度が90%で抗原検査の精度が95%だったとします。
    これだけを見ると抗原検査の方が精度が高いと勘違いする人が殆どだと思います。
    この抗原検査の精度はPCR検査との一致率を指します。
    つまり、抗原検査の精度が100%でPCRと同等に成ります。

    又、簡易な抗原検査キットには不良品も多く(主に中国製・韓国製)
    FDA承認された製品を使用する必要があると思います
    日本なら厚労省承認
    PCR検査キットも同様です。
    CE承認製品は信用度が低いと言えます。

    検査精度順番からいうと
    ロシュ等一流メーカー(日本メーカーも)のPCR検査試薬・検査キット→精密検査機器を使用する抗原検査→抗原検査キット(簡易)

    簡易キットでの陽性判定はPCRでの再検査が必要です。

    またドラッグストア等で販売されている検査キットは粗悪品であるケースは少なくありません。

    1. いつもコメントありがとうございます!

      すいません。1番信頼できる検査は、どれなのでしょうか?
      またそれに比べて比較しないと理解できません。

      インドネシアだと、読んていただいた通り、抗原検査をしてから、PCR検査をしている地域があります。
      逆に抗原検査で陽性で、確認のためにPCR検査へと進むと理解したのです。

      抗原検査の判断とPCRの判断が違っているから、このような話題が出ていると思います。
      このように、検査をPCRに一本化していないインドネシアでの、政府の対応が不思議です。

      本当に陽性か?
      どうかが大切なのであって。
      これを確信させてくれる、確かに判断してくれる試薬が、どれなのかわからなくなってしまいます。
      常識だとPCRであると思っていました。

  2. 可能で有れば全てPCR検査にするのがベストです(勿論一流メーカー製品)。
    しかしPCR検査には問題があります。
    それは検査時間です。
    PCRは早い機種で2時間と言われていますが実際は4時間くらいはかかります。
    早い移動時の検査には向きません。

    ですから日本入国の際には高度な検査機器・試薬を用いた唾液による抗原検査が使われています。
    この機器・試薬は1時間に240名の検査を可能にしています。
    検査15分後から順次判定し、1時間で240名検査判定します。
    この機器・試薬を数10台各国際空港に配置していると聞いています。
    もし、そこで陽性判定が出たら再度PCR検査をします。

    職場や交通移動では抗原検査
    時間に余裕があるならPCR検査

    私はワクチン接種前には1週間に1回自己検査(抗原)をしていました。

    言い忘れましたがPCR検査キットはマイナス20℃以下の保管が必要に成ります。
    抗原検査キットは家庭用冷蔵庫に保管で大丈夫です。
    日本なら夏以外の常温保存が可能です。

    1. ありがとうございます。
      このPCR検査キットが、マイナス20℃以下の保管というのも初耳でした !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。