タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Singapura Siapkan Panduan Hidup
Berdampingan dengan Covid

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 24/06/2021 13:50 WIB


シンガポールは、ウイルスがインフルエンザと同じくらい風土病になることを期待して、Covid-19とより正常に共存する方法のロードマップを作成しています。

国は、予防接種率が上昇するにつれて、日常生活の一部としてコロナウイルスを扱う準備をします。

シンガポールはCovidと共存するためのガイドを準備します! COVID-19 | パンデミック | 新型コロナ

この計画は、シンガポールCovid-19タスクフォースを率いる大臣によって明らかにされました。

シンガポールだけでも、570万人の人口の約半分に「ファイザ-バイオテック」および「モデルナ」製コロナウイルスワクチンを少なくとも1回接種しています。

シンガポールの予防接種率は比較的高いです。 しかし、同様の接種率を持つ他の地域と比較して、他国は社会活動と旅行を再開するのが遅かった。

「パンデミックが始まってから18か月が経ち、私たちの人々は戦いにうんざりしています。パンデミックはいつ、どのように終わるのか、誰もが尋ねています。」

ロイター通信によると、ガン・キム・ヨン貿易相、ローレンス・ウォン財務相、オン・イェ・クン保健相は、木曜日のザ・ストレーツ・タイムズ(24/6)の意見記事で述べた。

シンガポールには、懇親会、マスクの着用、コンタクトトレーシング、旅行を管理する厳格な規則があります。


コンタクト・トレーシング:陽性患者と濃厚接触した可能性があることを、そのデバイスのユーザーに知らせる技術である。


記事では、大臣は、人口の少なくとも3分の2が、8月9日のシンガポールのナショナルデーに先立って2回の接種で完全にワクチン接種されることを望んでいました。

 「私たちはワクチンの配達とプロセスをスピードアップしようとしています」と彼らは言いました。

予防接種の目標が達成されると、当局は何人が病気になったのかを監視することに焦点を合わせます。

感染した住民は自宅で治療を受けることができ、ストレス下の医療施設の負担を軽減します。

さらに、テストは、人々を囲い込み、隔離するための測定ツールであるだけでなく、イベント、社会活動、および海外旅行が安全に行われることを保証するためのツールでもあります。

シンガポール人は、少なくともパンデミックを制御している国に再び旅行することが許可され、Covid-19の検査と予防接種によって検疫の義務がなくなります。

Worldometerの統計に基づくと、これまでにシンガポールでは62,470のCovid-19症例が発生し、35人が死亡しています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

2 thoughts on “シンガポールはCovidと共存するためのガイドを準備します!

  1. 『ヒトに感染するコロナウイルスは従来、⾵邪のウイルス4種類と重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARSCoV)、中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)の合わせて6種類が知られていました。
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因病原体であるSARS-CoV-2はこれらとは異なるウイルスであり、主に呼吸器感染を起こし、病原性はMERS やSARS より低いレベルと考えられています。

    人で日常的に感染する4種類のコロナウイルスに関しては、風邪の1割程度はこれら4種のコロナウイルスが原因とされています。
    冬に流行のピークが見られ、ほとんどの子供は6歳までに感染を経験するとされています。
    多くは軽症ですが、高熱を引き起こすこともります。いわゆる風邪です。』

    今回の新型コロナは7番目のコロナですね。
    私も子供の頃にコロナ由来の風邪を引いていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。