タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

RS Fatmawati, Sulianti, & Persahabatan
Telah 100% Untuk Covid

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 24/06/2021 19:34 WIB


保健省は中央政府が所有する3つの病院を作ることを決定し、現在は100%Covid-19患者を治療しています。 3つの病院は、ファトマワティ病院、フレンドシップ病院、スリアンティサロソ病院です。

ファットマワティ、スリアンティ、プルサハバタン病院はすでにコロナで100%!(専用病院になる!) COVID-19 | 新型コロナ

保健省の直接感染症予防管理局長(P2PML)のシティ・ナディア・タルミズ氏は、この決定は現在ジャカルタの紹介病院の病床占有率(BOR)が90%に達しているという事実に基づいていると述べた。

ナディア氏は木曜日(24/6)の仮想記者会見で、「保健省は、保健省の管轄下にある3つの直轄の病院をCovid-19症例に対応する病院として指定する方針をとっている」と述べた。

ナディアは、これら3つの病院をコビット専用に改造することで、Covid-19患者の治療のためのベッドの提供を支援したいと考えています。

ナディアは、全国的に、政府は隔離と取り扱いインセンティブを必要とする場合の両方のために94,420床を準備したと説明した。ただし、今日までの稼働率は最大67パーセントの範囲です。

しかし、ナディアによれば、特にジャワ島では、多くの地域の平均BORが非常に心配です。たとえば、ジョグジャカルタと中部ジャワの占有率は85%に達し、次にバンテン87%、西ジャワ88%、DKIジャカルタ90%に達しています。

ファトマワティ病院の院長代理を務めるアズハルジャヤ氏は、これまでのところ、261床、つまりCovid-19を処理する能力の少なくとも52パーセントを提供していると述べた。しかし、現状では、ベッド容量を350ユニットに増やすことを計画しています。

「そして、私たちは保健大臣から、私たちのベッド容量をすぐに350ベッドまたは約70パーセントへと増やすように割り当てられました」と彼は言いました。

スリアンティ・サロソ感染症病院の社長であるスリタンティ・サロソ・モハマドシャリ氏は、7月中旬までにコビット患者を治療するために145床になるように、41床を追加する予定であると述べました。

「スリアンティ・サロソ感染症病院の社長であるスリタンティ・サロソ・モハマドシャリ氏は、必要とする合計80人の看護師と、放射線科および医療リハビリテーションを専門とする2人の医師を追加する準備をしました」とシャリル氏は述べています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。