タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!
Pemprov DKI Pastikan Semua Vaksin
Ampuh Cegah Varian Baru Covid-19

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Jumat, 25 Juni 2021 | 07:06 WIB


<要注意です!世界のワクチン情報の要約とは反対の可能性があり!>(編集員の意見)
なぜなら、このワクチンの種類が明記されていないからです!


DKIジャカルタ保健局の疾病予防管理部門の責任者である、デウィ・オクタビア氏は、現在のすべてのCovid-19ワクチンがCovid-19の新しい亜種の感染を防ぐのに効果的であることを強調しました。

したがって、デゥ氏はジャカルタの住民にCovid-19ワクチン接種に従うように勧めます。

(要熟考)DKI州政府は、すべてのワクチンがCovid-19の新しい亜種の予防に効果的であることを保証! COVID-19 | ワクチン | 新型コロナ

「予防接種を行い、厳格な健康プロトコルに従うことで、このウイルスに感染する可能性を最小限に抑えることができます。

現在のすべてのワクチンブランドが新しいウイルス変異変異の予防に効果的であることにも注意する必要があります」とジャカルタ市庁舎で木曜日(2021年6月24日)にデウィ氏は述べました。

デウィ氏はまた、すべてのCovid-19ワクチンが安全で、有用で、高品質であることを強調しました。そこで彼女は、ワクチンの安全性と品質を疑わないよう住民に求めました。ワクチンは、死を防ぐことを含め、人々が病気になるのを防ぐことが証明されているからです。

「予防接種は病気を予防するだけでなく、死を防ぐことも証明されています。だから、この予防接種の機会を逃さないように、予防接種を受けましょう」と彼女は付け加えました。

ジャカルタ州政府は、コミュニティの免疫を迅速に形成できるように、18歳以上の人々がワクチン接種を受けることができる地域で、ワクチン接種を加速し続けていると述べた。

ジャカルタIDカードをお持ちの居住者、およびDKIジャカルタに勤務/学校に通っている方々は、JAKIアプリケーションまたはcorona.jakarta.go.id WebサイトからCovid-19ワクチン接種に登録して、健康状態での長い行列を避けることができます。

「DKIジャカルタ州の予防接種対象者の総数は8,815,157人です。

プログラムワクチン接種の場合、現在の

1度目は3,753,451人、つまり目標の43%であり、

2度目は現在1,898,567人、つまり目標の22%に達しています」

とデウィ氏は述べています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

8 thoughts on “(要熟考)DKI州政府は、すべてのワクチンがCovid-19の新しい亜種の予防に効果的であることを保証!

  1. まず効果があるというエビデンスを示して説明して下さい、併せて安全面と保証
    その内容では何の説得力もありません🤭
    その上でワクチン接種を薦める事が必要です。

    しかし、ワクチン接種するかしないかは接種する側の判断
    個々に事情(肉体的・心的)もあると思います。

    非常に乱暴な発言だと思いました。

    1. そうなのです。国民をある意味安心させる目的で、不正確の情報が出てきています!
      僕自身も不信感いっぱいでですが、インドネシアの今を伝えるという事で、お伝えしています。
      Tetsuさんのサポートは、日本国民のためには、とても役に立っております。
      ありがとうございます。
      なので、私のわかる範囲で、私なりのコメントも必ずつける様にしております!

  2. 少し長いですが、参考にして下さい。
    ワクチンのリスクの1部が分かると思います。

    [ADEが生じれば重症化するリスク高まる]
    中国企業が開発したワクチンは、不活化ワクチンである。熱や化学物質(アンモニアなど)で不活化した(殺した)ウイルスを体内に投与して抗体をつくるという従来の製造方法である。この手法はインフルエンザワクチンなどで使用されていることから信頼性が高いとされている半面、有効性が低いとの見方がもともとあった。インフルエンザウイルスに比べて増殖のスピードが遅い新型コロナウイルスの場合、体内で発生する抗原が少なく、抗体ができにくいからである。

    欧米製ワクチンは変異株への対応を検討しているが、中国製ワクチンは変異株に対する対応を迅速に行えない可能性もある。

    「アストラゼネカ製ワクチンは血栓症を起こす」と問題になっているが、ワクチン接種後の副反応で最も懸念されているのは「ADE(抗体依存性感染増強現象)」である。ワクチン接種によってつくられた抗体がウイルスの細胞への侵入を防ぐのではなく、逆に細胞への侵入を助長する現象のことである。ADEが生じれば重症化するリスクが高くなる。

    新型コロナウイルスと遺伝子情報が類似しているSARSウイルスの不活化ワクチン開発の際にADEが生じたことから、「新型コロナウイルスの不活化ワクチンでも同様の問題が起きる」ことを懸念する専門家は少なくない。中国製ワクチンは、「感染防止」に役立たないばかりか、ADEのリスクが高まる危険な代物なのかもしれない。

    新型コロナウイルスのワクチン不足が世界的に高まる中、中国は国内の感染者数が少ないという利点をいかしてワクチン輸出の攻勢に拍車をかけているが、はたして大丈夫なのだろうか。

    1. ありがとうございます。

      広い意味での安全性という事を考えると
      いずれにしても、それぞれに良くない所はありますね。

      それでも、ADEについて考えると、両方とも不明。
      変異体を考えると、アルトラゼネカ製の対応力はある。
      しかし、血栓症のリスクはある。
      また、中国製は、インド型のような変異体には、ほぼ対応できていないようである。などなど

      僕の感覚だと、中国の感染者はそこそこいる様に思いますが、いわゆる「ワクチン外交」を考えているので、
      輸出用や国内用を分けているのではないかと想像します。

      また共産党幹部には、すでに解毒剤は注射されているような気もします。

  3. ADEに関しては、当時メッセンジャーRNA(mRNA)はありませんでした。

    中国はドイツのビオンテックと合弁会社を作りメッセンジャーRNAワクチンを生産しています(第2段階)。
    個人的な想像ですが、数1000万人居る中国共産党員はこちらを使用しているのではと思っています。
    飽くまでも想像です🤭

    1. 中国も m-RNAを作っているのですね。
      なるほど。共産党員については、十分に考えられます!
      でもかなりのメンバー数居るのですね。

  4. 共産党員数は2020年で9200万人
    その家族まで含めると2億7000万人とありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。